広告

【リングドリーム】「手段」から「楽しみ」へ

f:id:LITTLEWING:20190910180349j:plain

f:id:LITTLEWING:20190910180355j:plain

f:id:LITTLEWING:20190910180359j:plain

細野からのサービスだというちくわ添えはともかく

100gのステーキのタダ券を100枚綴りとか手渡されたら

さすがにどういうことなのか聞きたくなるというもの。

その理由が、細野がプロレスを楽しんでいる事に対する

お礼だというのですが・・・

 

f:id:LITTLEWING:20190910181200j:plain

f:id:LITTLEWING:20190910181247j:plain

この言い方だと、

今まではプロレスを楽しんでいなかったのか?

と当然思うわけですが、

それに対する返答がまさかの肯定。

 

井上直下と言われていた

南城、さとり、ガッシュとは仲が良いし

井上を今でも慕っているのは誰が見ても明らか。

それなのに、楽しんでいなかったとはどういうことなのか?

と不思議に思うのですが

f:id:LITTLEWING:20190910181537j:plain

f:id:LITTLEWING:20190910181544j:plain

細野にとって、井上達は家族のような存在であり

彼女達の側が細野にとっての居場所だったのだとか。

それはつまり・・・

f:id:LITTLEWING:20190910181959j:plain

プロレスこそが、彼女達との繋がりを保つための手段だったのだと。

世代闘争時の権利を自身では使わずに

ホワイトフェイスのために使った事もあったくらいなので

プロレスへの執着が他の選手よりも薄いというのは確かなんでしょう。

 

そんな細野が、今はプロレスが楽しいのだと。

親代わりの井上として、それがどんなに嬉しいことか。

それ故のホワイトフェイスへのお礼代わりだったわけです。

そうとまで言われては、納得して受け取ってしまいそうなものですが

ホワイトフェイスはそれでも拒否。

その理由が

f:id:LITTLEWING:20190910183146j:plain

親友との間に損得は絡ませたくないから。

もうね・・・本当にいいコンビですよね。

常に斜に構えてた感じだった白面さんはどこいったよw

 

そんなホワイトフェイスが、ふと興味本位で細野に質問。

f:id:LITTLEWING:20190910183449j:plain

f:id:LITTLEWING:20190910183456j:plain

f:id:LITTLEWING:20190910183501j:plain

シングルには興味がないのか?

まあ、前述の通り世代闘争の権利を放棄するくらいですし

元々そっちの方への興味は薄いのだろうとは思いますが

f:id:LITTLEWING:20190910183508j:plain

f:id:LITTLEWING:20190910183512j:plain

f:id:LITTLEWING:20190910183517j:plain

f:id:LITTLEWING:20190910183521j:plain

そんな細野から意外な返答が。

ホワイトフェイスとならやってみたいと。

 

そんなわけで、まさかのSHIROKAGE対決フラグが立ちました。

これは・・・どっちが有利なのか見当付きませんけど

間違いなく面白そうなカードではありますよね。

ただ・・・どっち応援すればいいんだろ?(^^;;