広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 麗、ディアナ、こがね組 VS 菊池、友野、ルシフェル組

f:id:LITTLEWING:20190901214713p:plain

今回のスペシャルワンマッチは

東女の水着キャンペーン最終日にマッチングされた

キャンペーンレスラー同士の6人タッグマッチ。

お祭りの一環とはいえ、正規軍VS凶獣の構図になっていることもあり

お互い負けるつもりは毛頭ありません。

 

f:id:LITTLEWING:20190901215038j:plainf:id:LITTLEWING:20190901215033j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901215047j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901215054j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901215104j:plain

ここまで人数が増えて、改めて気付く園原先生の偉大さよw

1人1人に対して対策を施していかなきゃならないんですからね。

最初の頃はともかく、今は本当に大変なんじゃないかと。

しかし、今年は特に大変で

f:id:LITTLEWING:20190901215707j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901215719j:plain

今年のキャンペーンレスラーである飯田、ルシフェル

くすぐったがり屋のせいで、ペインティングするのにも一苦労。

結局は、皆に押さえつけられる羽目になったわけですが

f:id:LITTLEWING:20190901220102j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901220107j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901220111j:plain

お互いナニを想像してんのよww

 

そんな感じで、和気藹々としていますが

試合の方は菊池、友野、ルシフェルの凶獣3人が組んで

麗、ディアナ、こがねと対戦。

お祭りとはいえ、負けるつもりはありません。

f:id:LITTLEWING:20190901220345j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901220359j:plain

それに、現タッグ王者であるタウゼント・カノーネも

元々は水着で組んだのが最初のきっかけ、

なんてことを言われては

たとえお祭りとはいえ、そこから何かに繋がる可能性は

決してバカに出来たもんじゃないです。

 

などと、盛り上がっている面子とは距離を置いたところで

f:id:LITTLEWING:20190901221220j:plain

一人考え事に没頭する石狩。

もちろん早乙女の件についてですが

道場マッチで負けた以上、強くは言えず

しかし、せめて組長には伝えたいと葛藤。

ただ・・・既に皆さんご存じの通り

この葛藤自体が無駄なんですけどねw

f:id:LITTLEWING:20190901221723j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901221731j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901221737j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901221745j:plain

f:id:LITTLEWING:20190901221756j:plain

しかも、石狩のいない間に東女にやって来て

滝沢組の面々に泣いて謝ったそうで。

まあ・・・石狩さんにはご愁傷様としか(^^;;

 

それはさておき試合の方はというと

全体的に凶獣がリードする展開に。

正規軍側も、序盤にリードするタイミングはあったんですが

それ以外はほぼ凶獣のペース。

大差が付くわけではないんですが

ひっくり返すことも出来ず、結局そのまま凶獣側が5-2で勝利。

f:id:LITTLEWING:20190906235738p:plain

普段、タッグを組んでない者同士とはいえ

同派閥の方が息が合わせやすかった・・・

みたいな感じなんでしょうか?

 

で・・・ここから繋がる可能性?なんでしょうねw

いやでも個人的には

ルシフェルが実は対戦相手の3人ともに関わりがあって

こがねとはセヴンスターで

ディアナとは女神杯で

そして、麗とはもちろん

「メテオ・クライ」と「ルシファー・クライ」の件で。

あちこち発火しそうな火種があるわりには

最近は堕天使分が不足しているようにも見えるので

また彼女が暴れるところを見てみたいかなーと。