広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 林フレンダ VS 白木孝奈

f:id:LITTLEWING:20190817135942p:plain

今回のスペシャルワンマッチは、多摩女での世代抗争。

ナンバー2の座を賭けて

林フレンダと白木孝奈が激突します!

 

f:id:LITTLEWING:20190817141921j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817141928j:plain

東女の紅葉にシングルで連勝、

更には先輩である望宮にも勝っていることから

今度は林とナンバー2を競い合う事に。

しかし、白木は未だ

まだデビュー4年目の自分がナンバー2になっていいのか?

そんな考えに悩まされている様子。

f:id:LITTLEWING:20190817142620j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817142627j:plain

ただこれはその時にも言われたことですが

あくまでも東女が異常なんですよね。

少人数の団体であれば、デビューしたその年から

頭角を現す選手だっているくらいなんですから。

 

そしてもう一つ、白木を悩ませている件が。

f:id:LITTLEWING:20190817143156j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817143208j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817143219j:plain

それは、望宮の立ち位置について。

白木が入団した当時は、望宮が若手のトップという立ち位置でした。

しかし、そんな望宮を差し置いて

今回自分がナンバー2を争おうとしている・・・

それを望宮はどう思っているのだろうか?

やっぱりおもしろくはないのではないか?

なんてことを考えていたようですが

f:id:LITTLEWING:20190817145859j:plain

次の世代を支えるのは自分だと思いは確かにあったけれど

支えるのにエースである必要はない

それが望宮の出した答えでした。

もちろん、望宮も最初からそう考えていたわけではありません。

考えを変えるに至ったのは、多摩女の変化によるもの。

所属選手5人でヒーヒーいってた弱小団体だったのが

白木や己虎といった実力のある新人が加わり

小原はKOMのベルトを巻き

今では中堅といってもいい規模に。

そして、多摩女の規模が大きくなるにつれ

この規模ならエースに拘る必要はないと思うようになったのだとか。

f:id:LITTLEWING:20190817150727j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817150732j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817150739j:plain

とはいえ、白木や己虎に追い抜かれた事を

何とも思っていないわけではありません。

が、それはそれ、これはこれ。

第一に考えるのは、多摩女が発展してくれることだという望宮。

そんな先輩の言葉を聞き、白木はどう思うのか?

 

一方、今日の対戦相手となる林も

f:id:LITTLEWING:20190817151022j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817151030j:plain

白木の事は、いつか自分を追い越す存在だと認めながらも

それは今日ではないと。

何度も私という壁にぶち当たって

何度も苦労を味わった末にナンバー2になって欲しいと

林なりの青写真を語ってくれます。

f:id:LITTLEWING:20190817151251j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817151257j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817151302j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817151309j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817151318j:plain

しかし、こうまで絶対に勝つ!と言われると・・・

f:id:LITTLEWING:20190817151330j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817151334j:plain

f:id:LITTLEWING:20190817151339j:plain

やっぱりフラグに思えてしまいますよねw

己虎の言い方に合わせるなら

「白木を選ぶなよ?絶対選ぶなよ?」

って感じでしょうかw

 

そんな、「ダチョウ倶楽部効果」があったかはわかりませんが

人数差はほぼなしといっていいくらいの五分の状態で

試合は立ち上がりから林がペースを握ります。

序盤は6-1だったのが中盤には5-2となり

その状態が長いこと続きます。

しかし、傍目には5-2で変わらないように見えても

mixi以外の4PFではpt差をどんどん縮めて(広げて)いく白木。

そして終盤、ついにはトータルptにて逆転!

4-3で白木が逆にリード。

林も負けじと反撃を仕掛けますが

結果は・・・

f:id:LITTLEWING:20190818131017j:plain

f:id:LITTLEWING:20190822184321p:plain
23,053pt差で白木が薄氷の勝利!

条件が五分なら林が勝つだろうと思っていたんですが

土壇場での勝負強さは白木の方が上だった、ということなんですかね。

見事な逆転勝利を果たし、これで白木は多摩女のナンバー2に!

 

あと林さん・・・やっぱりフラグだったよw