広告

「聖闘士星矢EPISODE.G アサシン」15巻

 一輝とアイオリアの戦いに星矢が割って入ろうとするのを止めた瞬。

そんな瞬からもたらされた真実。

それは、過去からやって来たはずのアイオリアは既に亡く、

そのアイオリアを殺した、今目の前にいる

「別世界の」アイオリアの中にはゼウスがいること。

 

しかし、そんな悪鬼と成り果てたアイオリアの前に

かつての青銅聖闘士5人が集結!

 

一撃で冥界を消失させるほどの破壊力を誇るアイオリア

そんなアイオリアに対抗するため

星矢はついに草薙那藝之太刀を振るう!

剣闘士が魔剣を身に纏うが如く、神剣を「鎧として」身に纏う星矢。

その鎧の力は、己に放たれた全ての攻撃力を吸収、変換し、

己の力として反射するというもの。

 

しかし、これでは星矢は耐えられても光の余波で世界が耐えられない。

そう分析し、勝利を確信したアイオリア

ところが

瞬による、惑星全域を覆うローリングディフェンス。

氷河による、光の分散を阻止する氷のレンズ。

紫龍が神の力を押し返し、

そして一輝がアイオリアに、いやゼウスに一撃を!!

 

といった感じの15巻でしたが

やっぱり青銅聖闘士5人が揃うと

なんかこう・・・熱いものがありますよね。

 

ちなみにその頃、この作品の主役シュラさんはというと・・・

ヨシノといちゃついてましたw

いや、いちゃついてたというか

全員を必ず帰すと約束するけれど、自分はおそらく還れない

みたいな話をヨシノにしてて

 

希望の闘士だというのなら

私にも希望をください

還ってきてください

 

みたいなことを言ってただけなんですけどね。

・・・いや、やっぱりいちゃついてたのか?w

 

ただ、今回元も印象に残ってるのは

 

星矢の鎧がだせーや(ダ星矢)

 

ということw