広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 納沙布有海 VS 甘粕己虎

f:id:LITTLEWING:20190629141832p:plain

今回のスペシャルワンマッチは多摩女興行から

納沙布有海 VS 甘粕己虎をお送りします。

ちなみに、今回がスペシャルワンマッチの100試合目となります。

 

f:id:LITTLEWING:20190629142137j:plain

f:id:LITTLEWING:20190629142142j:plain

f:id:LITTLEWING:20190629142148j:plain

f:id:LITTLEWING:20190629142153j:plain

昼間のやりとりから、自己主張の大切さを感じ取ったという納沙布。

その昼間の出来事とは

f:id:LITTLEWING:20190629142301j:plain

f:id:LITTLEWING:20190629142307j:plain

f:id:LITTLEWING:20190629142311j:plain

待ってる間に飲み物でもと、

お茶かコーヒーどちらがいいかという確認に対して

「どっちでも」と曖昧な返事をした納沙布。

それに対し、ジャンヌはミルクティーを希望し

それがないと知ると

f:id:LITTLEWING:20190629142602j:plain

f:id:LITTLEWING:20190629142607j:plain

持ち歩いているという茶葉を取り出し

扱いが難しいからと自分で淹れだすという

納沙布とは逆に振り切れた行動を取って見せたわけです。

 

で、納沙布が何を自己主張しようとしているのか?

それは

f:id:LITTLEWING:20190629142953j:plain

f:id:LITTLEWING:20190629142958j:plain

白木へのリベンジ。

約11ヶ月前、納沙布が多摩女興行に参加するようになったばかりの頃

白木とのシングルマッチを行ったわけですが

実力はあっても人見知りのせいで初顔には弱い、

そんな定評通りに納沙布は白木に敗北。

その事に言い訳をするつもりはもちろんないけれど

今でもその時の負けが悔しいのだと、

白木にリベンジしたいのだと

今の気持ちを正直に吐露します。

f:id:LITTLEWING:20190629143642j:plain

f:id:LITTLEWING:20190629143648j:plain

そこで、もし今回納沙布が勝ったら

その再戦について、己虎からも口添えしてくれることを約束。

ただし、もちろんタダではなく見返りを要求。

f:id:LITTLEWING:20190629143759j:plain

f:id:LITTLEWING:20190629143804j:plain

それは、己虎が勝った場合には

己虎を女子プロレスリング-北-の興行に呼ぶというもの。

もちろん、ギャラが安いのは承知の上で

それでも経験を積みたいが故のこの提案ですが

f:id:LITTLEWING:20190629143809j:plain

これでお互い、今日の試合により一掃力が入ることに。

しかし試合は一進一退・・・とはいかず納沙布のペースに。

 大半が6-1、たまに7-0とほぼワンサイドに近い状態で

このまま納沙布が決めるのか・・・と思いきや

終盤、己虎の反撃が。

ハンゲ、ニコとようやく2PFをおさえ、

トータルptでもこの2PFで怒濤の追い上げを見せます。

この追い上げが始まる前には200万以上あった差が

見る見る間に縮まっていき・・・

f:id:LITTLEWING:20190630123400j:plain

己虎が見事、逆転勝利!

f:id:LITTLEWING:20190707225152p:plain

己虎が追い上げを見せた終盤、私自身は離席していたため

戻ってきたら逆転勝利していてビックリしましたw

 

しかしこれで、己虎は女子プロレスリング-北-の興行に呼んでもらえることに。

あっちで誰と試合するかは当然まだわかりませんが

北海道まで行ったというのにむつみと対戦することになって

「多摩女でやればいいじゃん!」的な事にならないといいですねw