広告

【リングドリーム】RISING QUALIA 7試合目 ローズ・ロゼ VS 酔狐譚

f:id:LITTLEWING:20190626210400j:plain

「RISING QUALIA」7試合目は次期タッグ王座挑戦者決定戦。

ヤンドラ杯優勝のご褒美として

一ノ瀬とのタッグ「酔狐譚」を組んだ稲荷が

姫小路、榎下の師弟コンビ「ローズ・ロゼ」に挑みます。

 

青コーナー 酔狐譚

f:id:LITTLEWING:20190626211032j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626211037j:plain

ヤンドラ杯優勝のご褒美について、昔は結構曖昧だったそうですが

ここ数年はタッグ王座への挑戦者決定戦に決まっている感。

でも、どうせならタッグ王座に挑ませてあげたいというのが親心。

そのためには、ローズ・ロゼは手強すぎると。

なので、避けるのも手だと助言したわけなんですが

f:id:LITTLEWING:20190626211440j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626211446j:plain

記念受験じゃあるまいしと一蹴。

でも、友野やさわりの頃は

まさにその「記念受験」の色の方が強かったと思うんですが

時の流れでその辺りも変わったということなのでしょう。

そして、弟子にこうまで言われては

師匠も奮起するしかないじゃないですか。

f:id:LITTLEWING:20190626211711j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626211718j:plain

でもこの言い方はさすがにあんまりですw

f:id:LITTLEWING:20190626211747j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626211753j:plain

ともあれ、酒好き師弟が勝った暁には

一ノ瀬とっておきの一本でリングの上で祝杯をあげるとのこと。

ところで・・・それは会場的にはOKなんでしょうか?w

  

赤コーナー ローズ・ロゼ

f:id:LITTLEWING:20190626212004j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626212011j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626212018j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626212030j:plain

「強敵から逃げて、何のベルト挑戦か」

そんな稲荷の言葉に賞賛を送りつつも

現実は残酷だと、自らの経験を交えて語る姫小路。

ローズ・ロゼ 2-3
○ ローズ・ロゼ VS 妖星 後日談  
× ライオット VS ローズ・ロゼ(TWPタッグ) 後日談  
○ 姫小路・榎下組 VS 一箭・石狩組    
× サンタ・ロゼ VS トナーズ 後日談  
× 姫小路・榎下組VS咲川・さわり組    

実際、名コンビと言われながらも

なかなか実績をあげられないのがローズ・ロゼですからね。

そんな現実の厳しさを、今回は稲荷に教えるとのこと。

f:id:LITTLEWING:20190626212627j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626212638j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626212643j:plain

稲荷にしてみれば、ヤンドラ杯優勝のご褒美として

降ってわいたチャンスですけど

ローズ・ロゼにとっては、後がない崖っぷちの状態で

ようやくあと一歩というところまで来たこのチャンス。

f:id:LITTLEWING:20190626212945j:plain

f:id:LITTLEWING:20190626212950j:plain

ご褒美タッグを逆に踏み台にして

今度こそベルトに届かせてみせると

そして、自分達こそが最高の師弟であることを証明してみせると宣言。

  

解説および試合

コメンテーターは、現タッグ王者のシュバルツ。

やはり元女帝直下の仲間ということもあり

気持ち的にはローズ・ロゼを応援したいようで。

f:id:LITTLEWING:20190626213258j:plain

そして、そんな心情を抜きにした予想でも

ローズ・ロゼが有利だろうと。

タッグとしての完成度をその理由として挙げ、

むしろなんで結果が伴わないのか不思議に思うくらいだと。

とはいえ、酔狐譚にももちろん勝ち目はあります。

その手段の一つとして、一ノ瀬による榎下の集中攻撃を挙げますが

f:id:LITTLEWING:20190626213538j:plain

あくまでメインは稲荷にしないと意味が無いので

その作戦はさすがにやらないだろうと。

となると・・・やっぱり厳しいと言わざるを得ない?

 

そんなシュバルツの予想通りなのか、試合はローズ・ロゼペースに。

それでも、序盤7-0だったのが中盤には6-1に

そして、後半には5-2と徐々に追い上げてくる酔狐譚。

しかし、ヤバゲ、ハンゲに続く3PFめが取れず

5-2でローズ・ロゼ優勢の状況がしばらく続きます。

その状況が動いたのは試合終盤。

mixiで猛攻を見せてついに3PFめを確保する酔狐譚

・・・なんですが、トータル差は

ピーク時の2000万オーバーからかなり縮めたとはいえ

それでも約1000万差。

これをひっくり返すまでには至らず、ローズ・ロゼが4-3で勝利!

f:id:LITTLEWING:20190627210050j:plain

その結果、タウゼント・カノーネへの挑戦権を得ることに成功!

っていうか・・・

 

結局榎下狙ってんじゃん!w

まあ、一ノ瀬が1人で集中して狙うのか

チームとして狙うのかで違うんでしょうけど

とりあえず叫ばずにはいられなかったw

 

しかしこれで・・・

次のタイトルマッチはどっち応援したらいいか真剣に悩まされることに。

どうしましょうね?(^^;;