広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS EMERALD 2試合目 カオス・テンペスト VS エンジェルクラッカー

f:id:LITTLEWING:20190524212524j:plain

「SEVEN DAYS EMERALD」2試合目は

FWWWと東女のタッグ対抗戦。

ドラムハートの引率として来たえり子が

久しぶりのルシフェルとのタッグ「エンジェルクラッカー」として登場。

対するは、聖光院、御門組「カオス・テンペスト」。

意外なパートナーを連れてきた聖光院ですが

これが吉と出るか凶と出るか?

 

青コーナー エンジェルクラッカー

f:id:LITTLEWING:20190524214145j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524214151j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524214156j:plain

違いますw

プリーステス=女神官

ということから、自分の信者なのでは?

なんて突拍子もない事を言い出すルシフェルですが

もちろんそんなことはありません。

でも、だからといって

「異教徒許すまじ!」とか

負けたら私の信徒に改宗しろだとか

今日のルシフェルさんは

旦那が一緒だからってはしゃぎすぎじゃないでしょうか?w

f:id:LITTLEWING:20190524214725j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524214730j:plain

そして、御門についてもコメントしますが

同じヒールでも、彼女のようなスタイルはあまり好きではないようで。

凶器を使うにしてもわからないように、スマートにやれってことでしょうか。

ともあれ、そんな気に入らないヤツが対角線に陣取る以上

f:id:LITTLEWING:20190524215005j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524215009j:plain

自らの手で懲らしめ・・・ないんかいw

しかも、いいとこだけ持って行く気満々w

さすがにこれは、えり子のお説教コースか?

と思いきや、今回はとにかく暴れに来たということで

どっちがとどめを刺すとかは拘らないとのこと。

f:id:LITTLEWING:20190524215212j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524215216j:plain

なので、えり子が暴れるだけ暴れて

ルシフェルがそのフォローをする方向で。

あと、えり子の最後の表情・・・いいですよねー。

やっぱ彼女はこうでなくっちゃ。

 

赤コーナー カオス・テンペスト

f:id:LITTLEWING:20190524215500j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524215509j:plain

しかし、そんなえり子の態度が御門はお気に召さなかったようで。

御門がまだ東女にいた頃のえり子は

それこそすぐにキレて暴れ回ってた印象で

そんなえり子に憧れていたようなんですが

今のえり子からはあの頃の怖さを感じないのだとか。

f:id:LITTLEWING:20190524215519j:plain

とはいえ、御門のやることは変わりません。

凶器だろうが場外だろうがフル活用して

新人の頃には敵わなかったえり子をたたきのめす、それが今回の目標。

f:id:LITTLEWING:20190524215527j:plain

なので、ルシフェルの方は聖光院に任せて

一人一殺の作戦でいこうと提案。

f:id:LITTLEWING:20190524220058j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524220104j:plain

そして意外にも?その提案に乗るどころか

鰯の頭に祈る方がマシだと、ルシフェルを煽っていきます。

興が乗ったのか、御門もこの話に便乗し

f:id:LITTLEWING:20190524220450j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524220455j:plain

青コーナーに鰯の頭を飾って

堕天使を生け贄にして祈りを捧げるとか

知らない間にわけのわからない宗教に(^^;;

  

解説および試合

コメンテーターは山崎。

ナイトメアのメンバーはそのほとんどが東女からの移籍組。

f:id:LITTLEWING:20190524224620j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524224625j:plain

それだけに、当時のえり子の怖さを知っており

中には苦手意識が未だに払拭出来ていない人も。

そういう意味では、今回の御門の抜擢は最適解だったのでは?と。

物怖じしませんからねー彼女w

f:id:LITTLEWING:20190524224848j:plain

f:id:LITTLEWING:20190524224853j:plain

逆に、ルシフェルの方は全く印象にないとのこと。

まあ、彼女が頭角を現し出したのってセヴンスターからですもんね。

もっとも、そのセヴンスターで一度挫折を味わうわけですが

そこから立ち直ってからのルシフェル

世代抗争で滝沢に勝利するわ

女神杯でディアナを倒すわで大活躍ですからね。

ルシフェルの頭足らなそうなトークのせいか

カオス・テンペストの両名からも見下されてる感ありますが

へたするとこの4人の中で一番ヤバイかもしれませんからね。

f:id:LITTLEWING:20190524230006j:plain

それでも、山崎としてはやはり

ナイトメアの力を示して欲しいと

カオス・テンペストに期待するわけですが・・・

 先制したのはエンジェルクラッカー。

開始5時間後には7-0とワンサイド展開に。

しかし、そこからカオス・テンペストが盛り返していき

中盤にさしかかる頃には

mixi、ゲソブラゲをカオス・テンペスト

他3PFをエンジェルクラッカーがおさえた状態に。

トータルptは接戦ながらもカオス・テンペストがリード。

この状態が後半しばらく続くことに。

しかし、それを許すまじと終盤エンジェルクラッカーが反撃。

勝負はトータルpt次第ということに。

その結果は・・・

f:id:LITTLEWING:20190525134012j:plain

2-5でエンジェルクラッカーの勝利!

最大で400万ほどあった差でしたが

終盤ついに追いつくことに成功。

そこから更に引き離し、最終的には824万差を付けての勝利となりました。

 

正直なところ、エンジェルクラッカーがもっと楽に勝つだろうと思っていたので

ここまで競った試合になったのには驚かされました。

とはいえ、3連敗中だった聖光院としては

結果を残したかったでしょうけどね。

 

御門の方はというと、こちらも連敗には違いないのですが

山崎とのコンビ「フレイムゲート」の方が見事に惨敗して

今後の見通しが立っていない状況だったので

今回負けたとはいえ、エンジェルクラッカーと競ることができた

カオス・テンペストの継続について

前向きに考えてもいいんじゃないでしょうか?

と思ったり。