広告

【リングドリーム】めでたい日には血の滴るステーキを

f:id:LITTLEWING:20190501143305j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501143311j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501143318j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501143323j:plain

朝っぱらから井上さんのお店でステーキを注文するSHIROKAGEの2人。

タイトルマッチの勝利を祝って・・・のことかと思いきや

令和元年初日は平成31年間のお正月分、

つまり31倍めでたい日だから

昔、井上さんが言っていたように

めでたいときはレスラーなら「血のしたたるステーキ」だと

こうして食べに来たのだとか。

もっとも実際には、「レスラーとして」めでたい日という意味だったようだし

そもそも平成元年は1月8日からだから、

細野の言うお正月は30回しかなかったり・・・

なんていうのはさすがに野暮ですかね(^^ゞ

 

※正月本来の意味では旧暦1月の別名であり、

改暦後は新暦1月を意味することもあるようですが

文脈からおそらくは、普通に元旦もしくは三が日を指しているものと解釈

 

井上さんからすれば、

大昔のプロレス漫画から影響を受けただけのくだらない話なので

むしろそんな話をよく覚えてたなというくらいなんですが

そんな些細な話でも、細野にとっては

井上さんから教わった大切な教えの一つ。

f:id:LITTLEWING:20190501145014j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501145020j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501145025j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501145031j:plain

そんな教えの中でも特に大事な教えが

技や力で負けるのは仕方が無くても、悪役が「悪さ」で負けたら駄目だと。

 

f:id:LITTLEWING:20190501145056j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501145108j:plain

それを実践したのが、まさに先日のタイトルマッチだったわけですね。

悪役が会場外で逆に襲撃されるとか、屈辱以外のなにものでもないですもんね。

それで、DESTRUDO以上の「悪さ」を形にしたうちの一つが

背後からの「にーきゅっぱ」での一撃。

f:id:LITTLEWING:20190501145118j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501145122j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501145127j:plain

これには井上さんも絶妙な力加減だったと絶賛し

f:id:LITTLEWING:20190501145133j:plain

f:id:LITTLEWING:20190501145139j:plain

細野自身も自画自賛するほど。

全力でフルスイングしたら、ロッカーが大変なことになった新型にーきゅっぱ。

f:id:LITTLEWING:20190430213609j:plain

f:id:LITTLEWING:20190430213614j:plain

それを森近の額に突き立てたわけですからね。

「殺してしまったんじゃ?」と観客に錯覚させるほどの「悪さ」でありながら

大事には至らないよう、きちんと力を加減したうまさ。

 

f:id:LITTLEWING:20150101162853j:plain

 ラスカルのオフィス会話でも見られますが

悪役だからといって、ただ相手を叩き潰せばいいってわけじゃないですからね。

一流のヒールともなれば、そういったうまさも求められるわけで。

 

ともあれこれで、

技だけでなくラフでも一流であることを見せつけたSHIROKAGE。

次の挑戦者、タウゼント・カノーネがつけいる隙はあるのだろうか?