広告

【リングドリーム】RISING GENESIS 7試合目 SHIROKAGE VS DESTORUDO

f:id:LITTLEWING:20190424213825j:plain

「RISING GENESIS」7試合目はTWPタッグ選手権試合。

王者、SHIROKAGEにDESTORUDOが挑みます。

しかし、DESTRUDOが素直にリングに上がるわけもなく・・・

 

f:id:LITTLEWING:20190424214025j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424214031j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424214036j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424214041j:plain

収録時間になり、コメンテーターの姫小路が到着しても

未だ姿を現さないDESTRUDO。

対トナーズ戦では、煽りV収録時に襲撃し

更には会場外でもSHIROKAGEを襲っている事もあって

収録前からピリピリしっぱなしのSHIROKAGE。

ここで襲ってこようものなら返り討ちにしてやると

ずっと警戒していたわけですが・・・

f:id:LITTLEWING:20190424214601j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424214606j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424214611j:plain

そんなSHIROKAGEをあざ笑うかのように、

先に入場してリングに仕掛けをするDESTRUDO。

なんと、ロープやコーナーポストに有刺鉄線を巻いていくではないですか。

f:id:LITTLEWING:20190424214756j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424214802j:plain

そう、DESTRUDOの今回の狙いは

東女での平成最後のタイトルマッチを

有刺鉄線デスマッチにしようというもの。

前回は煽りV時に襲撃したので、今回は肩すかしを食らわせる意味で

先にリングに上がるんじゃないかと予想はしていましたが

有刺鉄線はさすがに想定外。

f:id:LITTLEWING:20190424215127j:plain

とはいえ、王者としては敵に背を向けるわけにはいかないと

このデスマッチを受けることに。

f:id:LITTLEWING:20190424215159j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424215203j:plain

細野は元々ヒールなので抵抗ないのかもしれませんが

ホワイトフェイスは「背を向けられない」と言いつつも若干及び腰w

f:id:LITTLEWING:20190424215329j:plain

とはいえ、やる以上はむしろ逆に利用する気満々。

f:id:LITTLEWING:20190424215333j:plain

そして細野も・・・こええよ!w

 

そんなわけで、今回も収録が無駄になってしまったわけですが

そもそも、語れることはあまりなかったという姫小路。

というのも

f:id:LITTLEWING:20190424215821j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424215827j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424215832j:plain

やろうと思えば技でも一流の攻防が出来るはずなのに

それをやらずに乱闘や凶器にばかり走るラスカルを

好ましく思っていないのだとか。

f:id:LITTLEWING:20150222104820j:plain

f:id:LITTLEWING:20150222104826j:plain

ただそれは、一流の技を使うことは出来ても

それで客を魅せることは出来なかったんでしょうね。

f:id:LITTLEWING:20190424220301j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424220307j:plain

f:id:LITTLEWING:20190424220314j:plain

その結果、乱闘や凶器で客を沸かせるようになったというのなら

それはそれで認めるしかないと。

その上で、DESTRUDOのプロレス観への反論は

リングの上で直接、プロレスラーとして行うべきだと。

本来であれば、その役目をSHIROKAGEに担って欲しかったところですが

いかんせん細野のヒール魂に火が付いてしまいましたからね。

 

そんな、流血必至のタイトルマッチ。

有刺鉄線デスマッチの場を支配したのは・・・SHIROKAGEでした。

DESTRUDOに有無を言わせぬ圧倒的な試合展開。

それでも何とか意地を見せてmixiだけはひっくり返すものの

他PFは最も差が少ないハンゲでも860万ありましたし

何よりも、1億4千万ものトータル差はさすがにどうにもならない大差。

結果、6-1でSHIROKAGEが防衛成功。

f:id:LITTLEWING:20190425210004j:plain

宣言通り、有刺鉄線もちゃんと利用させてもらいましたとも。

っていうか、タイトルマッチでリングアウト決着というのも

らしいっちゃらしいですよね。

 

ともあれこれで、やりたい放題暴れてきたDESTRUDOも

一応の制裁を加えられた形となりましたが

個人的には、一度はベルト獲らせて

 

こんなの納得がいくか!

だったらもう1回やってやんよ

ベルト取り返される

 

みたいな流れを期待してたので、願いが叶わず残念。

ただ、DESTRUDOも

・収録現場での襲撃

・会場外での襲撃

・襲撃と見せかけて先にリングを改造

と、思いつく限りのことをやった感があるので

今後どうするかですね。