広告

【リングドリーム】悪役レスラーの真骨頂!

f:id:LITTLEWING:20190329210115j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329210121j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329210127j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329210133j:plain

煽りV収録時の襲撃から始まり、

滝沢、赤城を鎖で繋いだ状態でリングインしたDESTRUDO。

試合でも、凶器に毒霧、ラフファイトに場外乱闘とやりたい放題。

そんな森近を懲らしめるため、場外まで追いかける滝沢。

しかし、それは森近が仕掛けた罠だった!

鉄柵に手錠でつなぎ止められた滝沢。

そしてその鍵は・・・森近の手によって観客席へ!

 

f:id:LITTLEWING:20190329210711j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329210717j:plain

そんなDESTRUDOの暴挙を許さないと、割って入ろうとする滝沢組。

そして、試合には介入させるものかとにらみを利かせるディスティニー。

場外もまさに一触即発!

f:id:LITTLEWING:20190329211103j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329211109j:plain

その間にも、どうにかして手錠を外そうとする滝沢。

しかし、鍵がなければやっぱり外れない様子。

焦る滝沢。

焦る滝沢組。

観客までもが協力して鍵を探しているのに一向に見つからない。

一体鍵は何処に?

f:id:LITTLEWING:20190329211404j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329211409j:plain

そして、血まみれの赤城がリング上で孤立。

チェーンを右腕に巻くラスカル、

戻ってきた森近の腕にも同じくチェーンが。

しかし、毒霧から回復していない赤城は気付いていない!

f:id:LITTLEWING:20190329211617j:plain

そして・・・サンドイッチラリアット炸裂!!

挟まれて倒れる事も出来ない赤城に

ラスカルが再度ラリアット!!

ようやく倒れることが出来た赤城に対し

たたみかけるように森近のダイビングギロチンが!!

しかも、先ほどまで腕に巻いていたチェーンがいつの間にか足に?!

 

しかし、これはチェーンでの攻撃と扱われてフォールは認められず。

ならばと、再びコーナーへ走る森近。

f:id:LITTLEWING:20190329212309j:plain

今度はチェーン無しでの綺麗なムーンサルト!!

非常に遅いカウントだが、赤城は動けない・・・

そして、カウント・・・スリー!!!

 

実際の女子プロレスでは

尾崎魔弓あたりが手錠をよく使っていたように思いますが

それがよもや7連戦で再現されようとは思ってもみませんでした。

ヒールは今のシステムでは勝ち目がない、

なんて言ってたのが嘘のようです。

きっと、こういう試合展開も前からやりたかったんでしょうね。

場外で複数の選手が今にも乱闘を始めかねないこの空気!

ヒールが暴れているからこその先が読めないこの緊迫感!

これもプロレスですよ。

 

しかし、これだけでは終わりません。

結局、最後まで見つからなかった手錠の鍵。

f:id:LITTLEWING:20190329213036j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329213042j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329213047j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329213055j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329213100j:plain

実は、客席に投げてなどおらず

森近がずっと口の中に隠していたというオチ付き。

 

森近、お前最高かよ!w

 

この憎ったらしいやりとりとか、まさにヒールならではですよね。

ヒールといえば、東女では凶獣の専売特許なんですが

その凶獣自体が長いことヒールらしくない状況が続いていただけに

ここまでの暴れっぷりは「やりやがった!」感が強いですね。

f:id:LITTLEWING:20190329213846j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329213852j:plain

f:id:LITTLEWING:20190329213858j:plain

ただ、ディスティニーとラスカルでは目指す方向性が違うのも確か。

なので、ディスティニーとしては今回のように

相手ににらみを利かすことはあっても

積極的に介入することはないのでしょう。

実際今回も、ディスティニーのメンバーは表情が優れない感じでしたしね。

 

ちなみに・・・

実は、4年前にもラスカルに血だるまにされてる赤城(^^;;

だからといって、ラスカルにリベンジを・・・

というのはさすがに無謀でしょうけど

その鬱憤が森近に向く可能性はなきにしもあらず?

っていうか、セヴンスターの出番が近いんですよね2人とも。

これは・・・セヴンスター荒れますかねー。

 

個人的には、この手の試合は

リベンジされるまでがセットだと思っているので

赤城だけでなく、滝沢にも是非その機会を与えて欲しいものです。

 

なお、この手の試合をうけつけない人は当然いると思いますが

実際のプロレスでだって、ヒールは嫌われてなんぼですし、

そんなヒールがベビーフェイスに仕返しされるのを見て

カタルシスを感じるのも、これまたプロレスの様式美。

「こういう試合は好きじゃない」って方、

いいんですよそれで。

f:id:LITTLEWING:20190223133753j:plain

f:id:LITTLEWING:20190223133759j:plain

むしろそれは、森近の望むところでしょうしね。

そんな、少数の支持派と本気で嫌ってくれる人達のためにも

DESTRUDOには今後もヒール道を突き進んで欲しいものです。

 

そんな私は当然支持派。