広告

【リングドリーム】如月巡業~スノーカタストロフィ~その1

大興行の後は通常スカウトイベント。

というわけで、「如月巡業~スノーカタストロフィ~」の強豪から

いくつか紹介。

最初は「ニューフェイス」「ミレニアム」の2つを。

f:id:LITTLEWING:20190223140230j:plain

 

f:id:LITTLEWING:20190223140251j:plain

f:id:LITTLEWING:20190223140256j:plain

先日の大興行にてデビュー戦を終えた樵姫と火花。

結果だけを見れば、樵姫の順当勝ちなんですが

その試合内容はといえば思いのほか大苦戦。

自身の実力を疑わないところは相変わらずですが

そんな自分に肉薄した火花の実力もしっかり認めます。

(ドリルをビヨンビヨンさせてもらえたかどうかはわかりませんけどw)

 

f:id:LITTLEWING:20190223140303j:plain

f:id:LITTLEWING:20190223140309j:plain

しかし、第三者視点では

樵姫に火花が肉薄したイコール火花も凄い、なのか

樵姫のレスリング技術はプロのリングでは生かされず、

実際はそうでもないって話なのか判断がわかれることろ?

もしも前者であれば、

先輩としてヘル子もメイもうかうかしていられないですが・・・。

f:id:LITTLEWING:20190223140339j:plain

( ˘ω˘)スヤァ

ミレニアム

f:id:LITTLEWING:20190223140351j:plain

f:id:LITTLEWING:20190223140408j:plain

f:id:LITTLEWING:20190223140429j:plain

一方こちらは、先輩超えを果たせなかったミレニアム。

アナの相手は前回優勝者の飯田だっただけに

「相手が悪かった」といえなくもないですが

同じヤンドラ世代でそんなことをいっていたら

若手を卒業した後やっていけないのではないか?

そんな心配をする神楽坂。

f:id:LITTLEWING:20190223140451j:plain

そこで、前回ヤンドラ杯に負けた時同様に特訓の話が出るわけですが、

その前回の時は、メアリ、赤井、原田が受けていた特訓は

神楽坂、アナにはまだ早いと受けさせてもらえませんでした。

しかし、今ならばと厳しい特訓を自らに課そうとするのですが・・・

f:id:LITTLEWING:20190223140457j:plain

f:id:LITTLEWING:20190223140506j:plain

特訓のレベルは更に上がってましたw

っていうか、南極ってどういうことよ(^^;;