広告

【リングドリーム】少人数のヤンドラ杯

f:id:LITTLEWING:20180922143804j:plain

f:id:LITTLEWING:20180922143808j:plain

f:id:LITTLEWING:20180922143813j:plain

そろそろ次のヤンドラ杯が始まるようですが

その前に、兎角に出たいかどうかの確認・・・って

え?どういうこと?

 

f:id:LITTLEWING:20180922143922j:plain

f:id:LITTLEWING:20180922143927j:plain

ヤンドラ杯が始まる、と冒頭では書いたものの

実のところ、女神杯の割を食う形で開始が遅れているそうな。

そこで、引っかかってくるのが参加資格のボーダー。

兎角のデビューは14年の9月だったため、

来月にはもう5年目ということになり

厳密にいえば参加資格がなくなるというわけです。

f:id:LITTLEWING:20180922144613j:plain

f:id:LITTLEWING:20180922144617j:plain

前々回のヤンドラ杯は6月開始だったため、参加資格に3ヶ月満たなかった兎角。

それでも、「あと2回チャンスがあるから」と自分を慰めていたというのに

これで今回出られないとなったら

兎角じゃなくても泣きますわな。(^^;;

f:id:LITTLEWING:20180922144934j:plain

f:id:LITTLEWING:20180922144938j:plain

それに、兎角にとってはゴンザレスの件もありますからね。

その件も考慮すれば、会社としても

兎角の希望を無碍にはしないだろうということで

今回は2018年9月がボーダーということに。

 

それを踏まえた上で、今回の参加メンバーをおさらい。

f:id:LITTLEWING:20180922145412j:plain

まずは、相談の上出られることとなった、2014年三期の兎角。
(※二期は誤記)

f:id:LITTLEWING:20180922145509j:plain

稲荷、風祭、そして前回優勝の飯田の2014年四期。
(※三期は誤記)

f:id:LITTLEWING:20180922145610j:plain

サモエド、与那覇の2015年一期。

f:id:LITTLEWING:20180922145641j:plain

エリス、黒山の2015年二期。

f:id:LITTLEWING:20180922145732j:plain

神楽坂、アナの2015年三期。

f:id:LITTLEWING:20180922145801j:plain

紅葉、熊井の2016年一期。

f:id:LITTLEWING:20180922145823j:plain

f:id:LITTLEWING:20180922145828j:plain

そして外部からは太堂、白木が参戦の可能性あり。

といった感じの計14名。

決勝トーナメントが8名というのは変わらないため、

前回集勝者の飯田以外で残り7枠を競う形になるのでしょう。

気になるのは、このままの人数だと13名で7枠を競うことになるので

1人は予選無しになるということですね。

前回の実績からその1人を選ぶにしても

兎角、風祭、与那覇、黒山が揃って決勝トーナメント1回戦落ちなので

差が付けられないというね(^^;;

いっそどこかからあと1人連れてきた方が

すんなり行くんじゃないかって思うんですが・・・誰かいませんかね?w

 

f:id:LITTLEWING:20180922150818j:plain

f:id:LITTLEWING:20180922150822j:plain

f:id:LITTLEWING:20180922150826j:plain

あとは、もしも飯田がご褒美のタッグ戦でベルトを獲った上で

2連覇した場合、ご褒美はどうするのか?ということ。

まあ、こちらはタッグを獲ることが前提なので

今考えても仕方が無い事ではあるんですけどね。

でも・・・ヤンドラ杯の連覇の方は

この人数なら十分ありえそうですからねぇ・・・(^^;;