広告

異世界迷宮でハーレムを

11月に出た3巻をようやく読了(^^;;

で、そういえばこっちではこの作品について書いてなかったなと。

 

旧サイトでも書いたことをまた書くことになりますが、

コンセプトとしては、最近ありがちなオンラインゲームに閉じ込められる系。

ただ、最初にボーナスポイントをもらってそれを各ステータスに割り振るという、

ウィザードリィのようなことをすることになり、

当然某ウィザードリィ同様に、納得するまで何度でもやり直していたところ、

主人公はボーナスポイント99というありえない値をGET!

更には、キャラクター再設定というチートスキルのおかげで、

その99ポイントをプレイ中に知力に全振りしたり

力に全振りしたりと好き放題出来てしまうという設定なんですが、

ストーリー自体は結構淡々と日常を描いてる感じで、

よくあるファンタジーもののように「ここですっげえ盛り上がるんだよね!」

みたいなのはあまりなかったり。

実際、3巻まででそういう場面といえば

・最初の対盗賊戦

ロクサーヌを買い取るための資金集め

くらい?って、どっちも1巻じゃないか!w

 

じゃあ、今巻の内容はどうだったのかっていうと、

家を借りた。ロクサーヌとイチャイチャした。

お風呂作った。ロクサーヌとイチャイチャした。

石鹸を作った。ロクサーヌとニチャニチャした。

・・・3行で語れてしまったんだが(^^;;

 

そんな感じなので、冒険活劇を求めてる方にはちょっと合わないかもしれないけど、

ステータスとかスキルとかそういう設定が好きな人とか、

奴隷とイチャイチャしてる話を読みたい人とか、

そういう人なら楽しめるかも?

とりあえず、四季童子さんの描くロクサーヌは可愛いです。以上!w

異世界迷宮でハーレムを 3 (ヒーロー文庫)

異世界迷宮でハーレムを 3 (ヒーロー文庫)

 
異世界迷宮でハーレムを 1 (ヒーロー文庫)

異世界迷宮でハーレムを 1 (ヒーロー文庫)