広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS INVASION 6試合目 カース伏久 VS 琴無千鶴

f:id:LITTLEWING:20191126132135j:plain

「SEVEN DAYS INVASION」6試合目はセヴンスター選手権試合。

満期返上を狙うカース伏久の前に現れたのは

2012年組最後の挑戦者、琴無千鶴!

 

青コーナー 琴無千鶴

f:id:LITTLEWING:20191126132433j:plain

フラフラの仲間達、

メアリ、ぽひという同期、

そして、シュバルツという最高のパートナー。

確かに、千鶴のプロレス人生は

人との縁に非情に恵まれたものだといえるでしょう。

f:id:LITTLEWING:20191126132701j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126132708j:plain

しかし、そんな千鶴にも不満が。

それは、個としてのトップには立ったことがないということ。

ヤンドラ杯では二度とも同期相手に敗北し、

その千鶴に勝利した同期がそれぞれ優勝という皮肉な結果に。

もちろん、タッグのベルトに不満があるわけではないですが

パートナーのシュバルツはシングルでも頂点に立ったことがあるだけに

更にいえば、同期のぽひがついにFWWWの頂点に立っただけに

個としての結果を求める気持ちが余計に強まっているのかもしれません。

f:id:LITTLEWING:20191126133501j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126133506j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126133510j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126133514j:plain

そんな、結果を求める千鶴の前に立ち塞がるのは

勢いに乗った円丈を止め、

ライバルであるメアリ相手にベルトを死守した伏久。

彼女を倒すことが出来れば、

千鶴が同世代のトップであることを誰もが認めることでしょう。

同世代のトップ、その肩書きを得んがため

琴無千鶴が本気でベルトを取りに来ます!

  

赤コーナー カース伏久

f:id:LITTLEWING:20191126134141j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126134146j:plain

伏久からすれば、メアリや千鶴の方が上という認識で

自分は脇役ポジションだと思っていたのだとか。

そう、思って「いた」。

ヤンドラ杯以降、伏久にも色々あって

必要以上に卑下することはなくなりました。

とはいえ

f:id:LITTLEWING:20191126134517j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126134522j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126134527j:plain

千鶴から挑まれるというこの状況に

未だに現実感が沸かないのだとか。

でもそれも、試合に勝てば現実感を持てるようになるのだろうか?

それはもちろん、勝ってみなければわかりません。

だから今は、これ以上考えることはやめる。

ただベルトを死守するのみ。

f:id:LITTLEWING:20191126134750j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126134754j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126134759j:plain

伏久自身の御利益とやらで

千鶴の願いを叶わないようにしてあげると

ある意味伏久らしい煽り文句で締めます。

  

解説および試合

コメンテーターは、次の挑戦者である校条。

彼女曰く、2人は戦い方がよく似ていると。

f:id:LITTLEWING:20191126135023j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126135028j:plain

それは、相手の力を利用したり

搦め捕ったりして戦う点について

「似ている」と言ったのですが

f:id:LITTLEWING:20191126135034j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126135041j:plain

千鶴が、さながら舞を舞っているかのように優雅なのに対して

伏久は不思議というか不気味というか

見栄え的には全然違うわけです。

それなのに、同じ効果が得られるなんて凄いと絶賛?w

 

まあ、同じ凶獣ということもあって

もちろん校条は伏久を応援しているわけなんですが

f:id:LITTLEWING:20191126135701j:plain

f:id:LITTLEWING:20191126135706j:plain

それは逆に、伏久を苦しめる事にしかならないから!w

更に菊池さんまで巻き込みやがってww

 

そんな凶獣内のドタバタはさておき

試合の方は立ち上がりこそ千鶴が攻めていくのですがすぐに伏久のペースに。

中盤にはヤバゲ、mixi、ハンゲと3PFで千鶴がリードするものの

ニコでの伏久のリードがそれ以上であるために

4-3で伏久リードという状況が長いこと続きます。

しかし、その4-3という状況が続く裏で、トータルpt差は開く一方。

最終的には2000万近くの差を付けて伏久が4-3で勝利。

見事、満期返上となりました!

 

ヤンドラ杯、セヴンスターと、個人の方では本当に縁がない千鶴。

ただまあ、今回は伏久を褒めるべきでしょう。

凶獣の次期党首候補と言われたりとか

試合の前から祝勝会準備されたりとか

無駄にプレッシャーを受けていた状況で千鶴相手に王座を死守。

これはもう、この世代でのトップだと認めるしかないでしょう。

でもこうなると、次は同世代というくくりではなく

もっと大きなくくりでのトップを狙って欲しくなるというもの。

狙うとすれば・・・やはり暗黒果実でのタッグでしょうか。

今後の活躍に乞うご期待!