広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS INVASION 5試合目 朧双花 VS シストリア

f:id:LITTLEWING:20191125203259j:plain

「SEVEN DAYS INVASION」5試合目はタッグ王座挑戦に向けての査定試合

以前のやりとりから

朧双花 VS シストリア

 ・朧双花が勝利→挑戦権GET
 ・シストリアが勝利
  ↓
  K2 VS シストリア
   ・勝利者チームが挑戦権GET

こんな流れを予想していたのですが

これではややこしいということで

朧双花 VS シストリア (1)

K2 VS (1)の勝利者チーム (2)

(2)の勝利者チームが挑戦権をGET

このようになったようです。

というわけで、今回は 朧双花 VS シストリア の対決となります。

 

青コーナー シストリア

f:id:LITTLEWING:20191125204610j:plain

f:id:LITTLEWING:20191125204614j:plain

f:id:LITTLEWING:20191125204619j:plain

ディアナとエミリーのタッグ「シストリア」は

組んでからまだ日も浅いため、実績らしいものがありません。

しかし、新たな強豪の発掘という名目の元

シュバルツが目を付けたのがこのシストリアでした。

ディアナ達にとっては降って沸いたチャンスではあります。

が、ここで無様な試合をしようものなら

チャンスをくれたシュバルツの顔に泥を塗る事になってしまうため

プレッシャーを感じずにはいられません。

f:id:LITTLEWING:20191125204903j:plain

f:id:LITTLEWING:20191125204908j:plain

f:id:LITTLEWING:20191125204913j:plain

f:id:LITTLEWING:20191125204917j:plain

しかも相手は、タッグでは強豪として名が知られる朧双花。

下馬評では当然あちらが有利と見られているでしょう。

しかし、気持ちでは負けないというエミリー。

この試合で結果を出して、シュバルツの期待に応えようと

気を引き締めて試合へと臨みます。

  

赤コーナー 朧双花

f:id:LITTLEWING:20191125205510j:plain

f:id:LITTLEWING:20191125205526j:plain

f:id:LITTLEWING:20191125205532j:plain

シュバルツによる「新チームの掘り起こし」について

団体のためにもなるし良いアイデアだと賛同する咲川。

本来であれば、シストリアを応援してもいいと思うくらいなんですが

それは、対戦相手が自分達でなければの話。

f:id:LITTLEWING:20191125205821j:plain

f:id:LITTLEWING:20191125205825j:plain

今回、朧双花は「新しい芽を摘む役」ということで

はっきり言って損な役回りなんですが

むしろノリノリで摘みまくりそうな勢いの2人w

f:id:LITTLEWING:20191125210149j:plain

f:id:LITTLEWING:20191125210154j:plain

シストリアにチャンスをあげたシュバルツには悪いけれど

勝負の世界は非情だということを教えてあげるといわんばかりに

こちらは満面の笑みで試合に臨みます。

  

解説および試合

コメンテーターは、当然シュバルツなんですが

「新チーム発掘」の方向に舵を切った経緯など

以前にも話した内容なのでここは割愛。

f:id:LITTLEWING:20191125210638j:plain

気になるのはシストリアの実力について、ですが

シュバルツもあくまでディアナを評価しているのであって

シストリアとしての実力はわかっていません。

なので、試合がどんな展開になるかとか全く予想が付かないのですが

それは蓋を開けてのお楽しみということで。

 

で、蓋を開けてみたところ・・・思いのほか好試合に。

最初は朧双花が上位チームとしての余裕を見せていたのですが

1/3経過あたりでシストリアが反撃して逆転。

しかも7-0とまさかの展開に。

もちろん、朧双花もすぐ反撃して

数時間後には再びリードの状態に戻しはするんですが

後半戦はつかず離れずの接戦がひたすら続くことに。

そして終盤、好機とみたシストリアが再び動きます。

最大300万ほどの差だったトータルptはジワジワと縮まっていきます。

この時、シストリアは2PFないし3PFはおさえていたため

トータルptでリードした方が勝利することに。

その勝利を掴んだのは・・・

f:id:LITTLEWING:20191126130659j:plain

約32万差で朧双花!

シストリアが僅かに及ばず!

しかし、負けたとはいえ朧双花を相手に3PF取ったわけですからね。

白星という結果は残せませんでしたが

今後に繋がる良い試合だったと思います。

 

ともあれ、これで次はK2と朧双花とで

挑戦者決定戦を行うこととなりました。

シングルならともかく、タッグでここまで「力対技」と

ハッキリ分かれる対戦というのも珍しいのではないでしょうか。

KOM参加選手は、それ以外ではなかなか勝てないというイメージがあるので

それを払拭して欲しいと思う反面

個人的には朧双花好きだからなー・・・(^^;;