広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS INVASION 1試合目 小天狗舞々 VS アリス・リドル

f:id:LITTLEWING:20191121212555j:plain

今回の「SEVEN DAYS INVASION」は計8試合。

FWWW興行2試合の後、東女興行を5試合行い

最後に女子プロレスリング-北-から1試合お送りします。

というわけで、最初の試合はFWWW興行から

天狗舞々 VS アリス・リドル をお送りします。

RLoWがFWWWのマットに初上陸!

 

青コーナー アリス・リドル

f:id:LITTLEWING:20191121212910j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121212915j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121213037j:plain

今回、RLoWの選手が初めてFWWWのリングに上がるということもあって

本来であれば、その両者に因縁があろうはずがないのですが

2年前、アリスは東女でのヤングドラゴン杯予選で兎角に敗北。

その兎角に勝利したのが

実は舞々だったのです。

出来る事なら、舞々に戦いを挑みたかったアリスですが

その当時のアリスは東女に呼ばれた身であり

舞々はFWWWの選手。

ヤンドラ杯のようなイベントでない限り

その願いは叶うものではありませんでした。

f:id:LITTLEWING:20191121213902j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121213908j:plain

諦めていた対戦の機会が

よもやこのような形で実現しようとは。

f:id:LITTLEWING:20191121213914j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121213919j:plain

その時のヤンドラ杯の後

f:id:LITTLEWING:20180428163433j:plain

自身のことを

「レスラーとしては平凡程度」

と評したアリス。

しかし、レスラーである以上

敵と対峙すればそんな事は関係ありません。

目標はもちろん、日本での3年ぶりの勝利!

  

赤コーナー 小天狗舞

f:id:LITTLEWING:20191121214645j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121214651j:plain

よもや、アリスが自分の首を狙っていたとは思いもしなかった舞々。

言ってくれれば、アリスのいるリングに赴いていたのにと言いますが

実際はそう簡単に実現はしなかったでしょう。

f:id:LITTLEWING:20191121215309j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121215316j:plain

そんな「たられば」話はさておき

この試合が、FWWW対RLoWの初試合ということで

自身の立ち位置について悩んでいたこともあり

そんな因縁があったというのならばむしろやりやすいと

アリスからの宣戦布告をむしろ歓迎します。

f:id:LITTLEWING:20191121215607j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121215611j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121215616j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121215620j:plain

そんなアリスを返り討ちにして

高尾の天狗の力を知らしめてくれると息巻きます。

  

解説および試合

今回はコメンテーターなし。

しかも、試合についての 説明もあまりされない

というか出来ない状況。

f:id:LITTLEWING:20191121215831j:plain

というのも、この試合の後に社長軍のお披露目があるために

余計なことは言えないのです。

流れとしては、試合終了後に社長が社長軍を率いてリングに上がり

結成を宣言・・・といった感じ。

しかし、それだけではなく

f:id:LITTLEWING:20191121215835j:plain

社長軍は更に隠し球を用意。

f:id:LITTLEWING:20191121220119j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121220124j:plain

f:id:LITTLEWING:20191121220131j:plain

マミーが言うには

サプライズゲストが1人か2人来るかも知れないと。

f:id:LITTLEWING:20191121220213j:plain

つまりはこういうことですか?w

 

もちろん、最初に思いついた時はネタとしてでしたけど

・あくまでも「ゲスト」ということ

・「1人か2人」とハッキリしないのは
 井上さんのお店の都合次第で来られないかも知れないから

なんて考えると、あながちあり得なくもない・・・か?

(覆面着用はさておきw)

 

とまあ、試合後の事は楽しみに取っておくとして

試合の方はというと・・・アリスのワンサイドゲーム

最初から最後まで7-0という

ヤンドラ杯準優勝者相手にまさかの展開となりました。

それだけ、社長軍への期待が高まっていると見るべきか?

 

ともあれ、これでこの試合後、

社長軍お披露目に持って行きやすい状況になったのではないでしょうか。