広告

【リングドリーム】シュバルツの野望

f:id:LITTLEWING:20191114211110j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114211116j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114211127j:plain

久しぶりの大舞台での活躍に血が滾ったという加藤ですが

この試合はどちらのタッグも

ベルトへの挑戦を意識したものでした。

それならば、チャンスをあげるというシュバルツ。

 

f:id:LITTLEWING:20191114211827j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114211833j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114211838j:plain

これまでに、名タッグと言われるチームを

次々と撃破してきたタウゼント・カノーネ。

そんなタウゼント・カノーネの次の目標としてシュバルツが掲げたのが

タッグの世界を根こそぎ蹂躙すること。

名のあるタッグチーム全てをターゲットにし

その全てに勝ってみせる!

・・・と豪語したのですが

f:id:LITTLEWING:20191114211843j:plain

少しは挑戦者を絞ってくれと会社からお小言が。

誰彼構わず相手にしていてはベルトの価値が落ちる、と言われ

シュバルツもその言に納得。

だったら、ターゲット同士で競ってもらえればという結論になり

そこから、加藤にチャンスをという話に繋がったわけですね。

 

もちろん、加藤からしてみれば降ってわいたチャンス。

あと1勝で挑戦権が得られるとなれば

この話、受けない訳がありません。

f:id:LITTLEWING:20191114212818j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114212823j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114212829j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114212834j:plain

でも、やっぱり最後はうるさいって言われるのねw

 

そんな感じで、今後のタッグについて展望を語ってくれたシュバルツですが

f:id:LITTLEWING:20191114213201j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114213208j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114213215j:plain

シングルだって諦めたわけじゃありません。

挑戦者決定戦での一箭の対戦相手に話を付けてきたと聞き

自分に声をかけてくれたらよかったのにと拗ねるシュバルツ。

もちろん、実際には今はタッグで忙しいのだけれど

将来的にはチャンスさえあればグイグイ行きたいとのこと。

それを聞いた滝沢も

お互いのタイミングが合って、その時にまだ王者でいたならば

その挑戦を受けようと約束。

 

この両者、タッグでは一度

王者ナイアガラロックとKASUMIとでベルトを競ったことがありますが

この時はシュバルツが石狩をフォールして勝利。

しかし、シングルとなると

この両者が大一番で激突した事は一度もなく

思わぬ形で初対決の約束が。

もちろん、挑戦者決定戦の勝者との試合の方が先なので

そこでベルトを奪われたら元も子もないんですけどね。

 

そうそう、その挑戦者決定戦の相手ですが・・・

f:id:LITTLEWING:20191114214439j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114214445j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114214451j:plain

f:id:LITTLEWING:20191114214456j:plain

以前、滝沢が菊池やソニックとは

もう一度やるつもりだと言っていた事もあり

今回、挑戦権を餌にして菊池に一箭との試合を引き受けてもらう事に。

最近は、正規軍と凶獣の対立というのはあまり見かけなくなりましたが

頂点を狙うとなればやはり避けられない相手。

もちろん、一箭にとっては厳しい戦いになるでしょうが

菊池を倒せるようであれば、それこそベルトも期待出来ますしね。

 

まあ・・・個人的には

滝沢とシュバルツの試合を見てみたい気もしますけど、どうなりますかねー。