広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 殺人蜂五月雨 VS スケルトン茉理

f:id:LITTLEWING:20191109161659p:plain

今回のスペシャルワンマッチは、殺人蜂五月雨 VS スケルト茉理

ルイズのデビュー戦で失った「先輩としての威厳」を取り戻すため

今度はシングルで・・・と相談していたところに

殺人蜂が声をかけたのがきっかけで成立したカード・・・なんですが

 

f:id:LITTLEWING:20191109162801j:plain

f:id:LITTLEWING:20191109162805j:plain

f:id:LITTLEWING:20191109162813j:plain

f:id:LITTLEWING:20191109162819j:plain

殺人蜂が茉理との試合を決めた後

鈴木も同様に名乗りを上げて涼との試合を決めたため

「後輩に仕掛けた大人げない先輩」という意味で

同列扱いされる羽目に。

さすがにこれには殺人蜂も猛反発。

鈴木が便乗してきただけなのに何という屈辱!と。

実際、三浦や殺人蜂のような下の立場だと

「本当に同列なんじゃ?」と思われかねないですからね。

f:id:LITTLEWING:20191109163749j:plain

ただ、そんな鈴木が便乗したからこそ

今回の試合がTV放映されることになったという意外な事実。

勝ちはしないものの、魅せるのが上手いからとかそんな感じですかね?

三者連続タイキックとか爆笑モノでしたしねw

 

f:id:LITTLEWING:20191109163825j:plain

f:id:LITTLEWING:20191109163831j:plain

とにかく、相手は格下だから油断さえしなければ勝てるはずと

今は試合のみに集中しようとする殺人蜂。

ケルトンを粉砕骨折してやると意気込みます。

 

一方、その茉理の方ですが

f:id:LITTLEWING:20191109164600j:plain

f:id:LITTLEWING:20191109164607j:plain

負けて元々だから

その分思い切り行く、と言っているのに

勝ってもらわないと困るという鈴木。

なんでこんな事を言い出すかと思ったら

f:id:LITTLEWING:20191109165046j:plain

f:id:LITTLEWING:20191109165054j:plain

f:id:LITTLEWING:20191109165101j:plain

MR部の2人はほぼ互角という話から

茉理と鈴木両方が勝てば

鈴木>涼=茉理>殺人蜂

という公式が成り立ち

自身の勝利がより引き立つとかどうとか。

さすがにこれには呆れかえる茉理

鈴木の細やかなテクニックだけは一目置いているだけに

こういう人頼みのところはあまり見たくないようで。

f:id:LITTLEWING:20191109165411j:plain

f:id:LITTLEWING:20191109165415j:plain

f:id:LITTLEWING:20191109165420j:plain

なので、お互いに自身の勝利に向けて邁進することを念押しすることに。

鈴木ももう、先輩風吹かせられないっぽいですかねーw

 

そんな感じの両者の試合ですが・・・

茉理ワンサイド

まあ・・・正直そうなるんじゃないかなーとは思っていましたが

序盤に7-0になって以降、ずっと変わることなく

最後まで7-0のままで試合終了に。 

f:id:LITTLEWING:20191114210957p:plain

ケルト茉理 2-4
× ルイズ・ライアルデビュー戦    
○ ダブルトーン VS 慈悲は無し    
× MR部 VS ドラムハート 後日談  
× MR部 VS ブルーシグナル 後日談  
○ 小天狗・スケルトン組 VS 太堂・服部組[ワンマッチ]    
× スケルトン茉理 VS 服部涼 後日談  

茉理の、このところの低迷を吹き飛ばすかのような活躍振りに

正直安心したファンも多そうですが

殺人蜂五月雨 0-3
× ラヴ・アメシスト VS 殺人蜂五月雨[ワンマッチ]    
× 美猫と野獣 VS ゴーファイト[ワンマッチ]    
× 殺人蜂五月雨 VS 姫麻呂町由岐    

逆に、殺人蜂の方は完全に泥沼に。

これまでは格上相手だったからと言い訳出来なくもないですが

今回は完全に格下ですからね。

同期の三浦が、ルイズとのタッグでいいところを見せたばかりなだけに

余計にこの黒星が目立ってしまうわけですが

今後の殺人蜂・・・どうするのか?