広告

【リングドリーム】RISING BATTLE ROAD 7試合目 カース伏久 VS メアリ・ノートン

f:id:LITTLEWING:20191028210330j:plain

「RISING BATTLE ROAD」7試合目はセヴンスター選手権試合。

満期返上まであと1勝、というところだった円丈を

見事食い止めた伏久ですが

その伏久が次の挑戦者として指名したのが・・・メアリ・ノートン

かつて、ヤンドラ杯準決勝で記憶に残る名勝負を繰り広げた両者。

あの熱い戦いが、今度はセヴンスターでまた見られるのでしょうか?

 

青コーナー メアリ・ノートン

f:id:LITTLEWING:20191028211040j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028211044j:plain

実のところ、メアリはセヴンスターに出ることに躊躇していたのだとか。

円丈 VS 伏久戦の際、コメンテーターがざくろだったことからもわかりますが

この時点ではまだメアリは

タッグベルトにターゲットを絞っていたので

タッグとセヴンスター、両方狙うのはさすがにどうかと思っていたようで。

結果としては、タッグベルトを獲ることは出来なかったんですが

それならセヴンスターの方を・・・とはなかなか言い出しにくいもの。

f:id:LITTLEWING:20191028211705j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028211711j:plain

そんな時に伏久からの挑戦者指名があったわけです。

悪(役)に挑まれて背を向けるわけにはいかないという

大義名分も得て、こうして挑戦者として名乗り出ることに。

f:id:LITTLEWING:20191028211923j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028211928j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028211933j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028211938j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028211945j:plain

そうと決めたらもう迷いはありません。

ボクたちの世代の戦いを

7年目までの輝きを見せてやろうと意気込みを見せつつ、いざ出陣!

  

赤コーナー カース伏久

f:id:LITTLEWING:20191028212338j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028212343j:plain

メアリから感謝されるとは思っていなかった伏久ですが

これはあくまでも個人的なこだわりだからと言います。

そのこだわりとはもちろん

ヤンドラ杯でメアリに負けた一件なんですが
f:id:LITTLEWING:20191028212321j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028212326j:plain

あの頃と比べると、伏久もずいぶんと変わりました。

まあ・・・それが良い意味なのかは判断が難しいところですが。

それはさておき、正直なところ

メアリとの対戦を避けていれば

伏久としては楽が出来たはずなんです。
 しかし、それをしてしまったら

今後、モヤモヤを背負ったままレスラー人生を歩むことに。

それはさすがにゴメンだということで

メアリと向き合うことにしたのだとか。

f:id:LITTLEWING:20191028213030j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028213036j:plain

更には、メアリが言った「7年目までの輝き」についても触れてきます。

輝き→金色→金箔

とでも連想したのか

以前、山口と一緒に金ぴかになる約束をしていた件を持ち出します。

f:id:LITTLEWING:20191028213042j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028213047j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028213052j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028213057j:plain

実はその件、肌に合う金箔を山口が探しているとのことで

伏久としては、永遠に見つからなければいいのにと思ってたようなんですが

メアリに勝てたなら、金色に輝くのも悪くないなんて発言を。

絶対後から後悔しそうですけどね!w

 

解説および試合

コメンテーターは、メアリと同じく

セヴンスターに参戦することを決めた千鶴。

ですが、立場上どうしてもメアリを贔屓してしまうので

ここでは伏久についてのみコメントすると言い出し

その伏久を絶賛します。

 

まずはタッグについて。

千鶴もメアリも、このキャリアでタッグのベルトを巻いているわけですが

それは、シングルでベルトを巻いたことのあるパートナーがいてこそ。

どちらのタッグも、対等な関係でいようとしてはいるでしょうが

キャリア的にはやはり上下関係ははっきりしているわけです。

f:id:LITTLEWING:20191028214114j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028214121j:plain

それにひきかえ、伏久とざくろの「暗黒果実」は

キャリア的にも上下関係のない同期タッグ。

それでありながら

今ではトップチームの1つに数えられているわけですもんね。

千鶴が絶賛する気持ちもわかります。

 

そしてシングルの方では

ヤンドラ杯でメアリと熱戦を繰り広げたこと、

セヴンスターで勢いに乗っていた円丈を止めたことをもちろん挙げますが

それよりも

f:id:LITTLEWING:20191028214934j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028214939j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028214947j:plain

f:id:LITTLEWING:20191028215026j:plain

今回、挑戦者にメアリを指名したことを何よりも絶賛。

「男気を感じます」とまで言うほど。

f:id:LITTLEWING:20170321114828j:plain

ヤンドラ杯での戦いでは

メアリが伏久に対して「宿命のライバル」宣言をしたんですが

今回、伏久がそれに応えたようにも見えるもんだから

たまりませんよね!

ちなみに・・・

カース伏久 11-5
○ 円丈美和 VS カース伏久(セヴンスター) 後日談  
× twinkle VS 暗黒果実 後日談  
× 星狐元年 VS 縁起物悪魔[ワンマッチ]    
○ 獅子唐辛子 VS 暗黒果実 後日談  
○ クリムゾンスポット VS 暗黒果実 後日談  
○ Spica VS 暗黒果実[ワンマッチ]    
○ 暗黒果実 VS Meat Mercury    
× メアリ・ノートン VS カース伏久 後日談  
○ カース伏久 VS 小天狗舞々 後日談  
○ カース伏久VSヘカトン慧子    
× カース伏久 VS 京須心美 後日談  
× 笠松鏃 VS カース伏久 後日談  
○ キャリア赤城 VS カース伏久 後日談  
○ カース伏久VS冬崎ヤマト    
○ 南城ざくろVSカース伏久 後日談  
○ 凶獣若手決戦8人タッグ    

 

メアリ・ノートン 11-5
× TausendKanone VS ライオット(TWPタッグ) 後日談 後日談2
× ライオット VS SHIROKAGE(TWPタッグ) 後日談  
○ ライオット VS ローズ・ロゼ(TWPタッグ) 後日談  
○ ライオット VS トナーズ(TWPタッグ) 後日談 後日談2
× メアリ・ノートン VS 琴無千鶴 後日談  
○ ベノムナイト VS ライオット(TWPタッグ) 後日談 後日談2
○ ライオット VS SHIROKAGE 後日談 後日談2
× シュバルツ・琴無組 VS ディアナ・メアリ組[ワンマッチ]    
○ 琴無千鶴 VS メアリ・ノートン 後日談  
○ メアリ・ノートン VS カース伏久 後日談  
○ 小早川ぽひ VS メアリ・ノートン 後日談  
○ メアリ・ノートンVSアリス・リドル 後日談  
○ 磯部かんきち VS メアリ・ノートン 後日談  
○ 一二三&山吹組 VS 兎角&メアリ組 後日談 後日談2
× 磯部かんきち VS メアリ・ノートン 後日談  
○ 千鶴&メアリVSマミー&ぽひ    

これまでの7連戦、ワンマッチでの戦績は

この試合前の時点で両者ともに11勝5敗。

全く同じなんですよね。

こんなところからも、運命的なものを感じずにはいられないというか

試合前から興奮が収まらないわけですが

先制したのは伏久の方でした。

しかし、4時間あたりでメアリが逆転し

それを更に11時間あたりで伏久がひっくり返すという

一進一退の攻防。

トータルptの方も、2/3経過あたりまでは

ゆったりとした変動で大きな差はなかったのですが

その2/3を過ぎたあたりからptが大きく動きます。

メアリのラッシュによって

そこからの数時間で一気に1400万差に。

普通なら、これで勝負が決してもおかしくないところなんですが

ここから伏久もお返しとばかりにたたみかけていきます。

そして、試合終了まで1時間を切った頃には

その差はわずかなものに。

この時、PF別では伏久が3つ、メアリが2つという状態だったので

pt次第ではどちらにも勝利の可能性が。

やはり、今回も熱い戦いとなったわけですが

そんな熱戦を制したのは・・・!

f:id:LITTLEWING:20191029182219j:plain

カース伏久!!

トータルptで逆転したのは、なんと残り10分!

土壇場での大逆転でした。

しかもこれ、ヤンドラ杯の時に

メアリが伏久相手に大逆転したのと

ほぼ同じシチュエーションじゃないですか。

もうね、この2人の試合ドラマチックすぎません?w

こうなると、どんな試合展開だったのかとか

試合後のパフォーマンスとか

何やってくれるのか本当に楽しみですよこれ。

 

ともあれ、セヴンスターは伏久が見事防衛!

これで次は千鶴を相手にすることとなりました。

ヤンドラ杯では実現することのなかったこのカード、

これもまた楽しみな一戦ですよね。