広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS RUIN 8試合目 キャリア赤城 VS 早乙女菜摘

f:id:LITTLEWING:20191003212135j:plain

f:id:LITTLEWING:20191003212141j:plain

f:id:LITTLEWING:20191003212146j:plain

今日は、早乙女と赤城が試合する日。

なんですが、早乙女が朝食をとっている最中に

「迎えに来ました!」と自宅を襲撃した赤城。

過去、逃げ出した前科があるだけに信用出来ないと

とった行動なんですが・・・

 

f:id:LITTLEWING:20191003212447j:plain

自分の事を理解してもらえていると

早乙女にはむしろ好印象。

もちろん早乙女も、ここで逃げ出したら

取り返しが付かなくなることはわかっているので

そんなことをするつもりは毛頭無いのですが

「分かっててもやっちゃうのが人間なんだけど」

と、不安になる発言も。

これを聞くと、赤城の行動も間違いではなかったと思ってしまいますが

f:id:LITTLEWING:20191003212739j:plain

f:id:LITTLEWING:20191003212744j:plain

f:id:LITTLEWING:20191003212750j:plain

f:id:LITTLEWING:20191003212756j:plain

結局、赤城は不安を拭えなかったため

着替えも一緒の部屋で行うことに。

なんていうか・・・石狩に対してよりも

赤城に対しての方が親しみを感じるというか

なんか距離が近い感じがしません?w

 

f:id:LITTLEWING:20191003212802j:plain

f:id:LITTLEWING:20191003212809j:plain

そんな2人のやりとりをみていたかんきち。

早乙女が2011年二期組なのに対し

かんきちが同年の四期組とわりとデビューが近かったこともあってか

久しぶりに見る早乙女の姿に安堵の表情を浮かべます。

f:id:LITTLEWING:20191003212815j:plain

f:id:LITTLEWING:20191003212820j:plain

f:id:LITTLEWING:20191003212824j:plain

しかし、ここでよもや鹿野さんが現れようとは・・・。

彼女の話をしだすと、試合そっちのけになってしまうので

ここでは省きますが(※午後にでももう一本あげておきます)

個人的には、彼女も不遇なキャラの一人だと思っているので

今後の活躍を期待したいところです。

 

で、話は試合に戻りますが

終始早乙女が危なげない試合運びでリード。

滝沢のタイトル戦をなぞらえるかのような展開で

半分以上を6-1で進め、結局赤城の見せ場を作ることなく

6-1のまま早乙女が勝利!

まあ・・・石狩に勝っておいて

赤城に負けるわけにはいかないですよね。

元・滝沢組No.3の実力をまざまざと見せつける結果となりました。

でもこうなると、次は一箭あたりとやったりするんですかね?

彼女にまで勝ったりするようだと

力関係が面白いことになりそうなんですけどねーw