広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS RUIN 7試合目 滝沢泉 VS アントラー山口

f:id:LITTLEWING:20191002205954j:plain

「SEVEN DAYS RUIN」7試合目はTWP世界無差別級選手権試合。

女神杯での対ヴァンプ戦以来、およそ10ヶ月ぶりとなった

滝沢の防衛戦。

その相手は、2002年組の同期でもある山口。

神崎、一ノ瀬といった第一線からは身を引いた選手を除けば

最年長となる2002年組。

そんな両者によって東女のトップが競われます。

 

青コーナー アントラー山口

f:id:LITTLEWING:20191002210718j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002210724j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002211051j:plain

同じ2002年デビューでありながら

ずいぶんと差を付けられてしまったと語る山口。

昨年の女神杯で一気に駆け上がりましたからね、滝沢は。

ただ、滝沢の実力を昔からしっていた山口としては

チャンスさえあれば頂点を獲ると思っていたので

滝沢の現状に対して疑問を抱いたりはしないのだとか。

とはいえ

f:id:LITTLEWING:20191002211433j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002211437j:plain

技では確かに勝ち目はないけども

力は圧倒的に自分の方が上だし、頑丈さでも負けないと

剛でも柔をたたきのめせるんだと言い張ります。

f:id:LITTLEWING:20191002211652j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002211657j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002211702j:plain

そう、今回のタイトルマッチは力対技の対決なんだと。

力こそが正義だと証明してみせると豪語する山口。

  

赤コーナー 滝沢泉

f:id:LITTLEWING:20191002211808j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002211812j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002211817j:plain

そんな山口に発言に対して

「力対技」という図式には異を唱える滝沢。

なぜなら、山口は決してパワーオンリーの選手じゃないことを知っているから。

単純な力と頑丈さなら、ひまわりの方が山口を上回るとのことですが

試合ではいうまでもなく、山口の方が上。

それはつまり、それ以外の部分

技とかスピードも高水準で備えているからだというのが滝沢の分析。

f:id:LITTLEWING:20191002212418j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002212424j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002212429j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002212435j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002212441j:plain

なので、此度の戦いは「力対技」なんていう単純な図式ではなく

レスラーとしての総合力の競い合いなんだという滝沢。

技術だけなら滝沢が上

力だけなら山口が上

なら・・・総合力ではどちらが上なのか?

  

解説および試合

コメンテーターは一ノ瀬・・・なんですが

f:id:LITTLEWING:20191002212721j:plain

(かしゅっ!)ってなによ(かしゅっ!)ってw

f:id:LITTLEWING:20191002212805j:plain

案の定、缶ビール?酎ハイ?の蓋を開けた音でしたw

それはさておき、一ノ瀬から見たこの試合は

f:id:LITTLEWING:20191002212957j:plain

裏方2人による頂点争いなんだとか。

言うまでもなく、両者とも

自分が自分がと率先して前に出るタイプではありません。

滝沢は、確かな技術がありながらも

「自分には華がない」と脇に回り続け
山口も、滝沢ほどではないにせよ 

凶獣内ではナンバー2、ナンバー3といったポジションの方が

居心地が良かったようで

上を喰ってやるという気概を見せることはありませんでした。

しかし、そんな両者が今宵東女の頂点を競い合うというのだから

2人の生き方に歯がゆさを感じていた一ノ瀬としては

非常に感慨深いのだと。

f:id:LITTLEWING:20191002213519j:plain

f:id:LITTLEWING:20191002213546j:plain

それだけに呑まずにはいられないという一ノ瀬。

アナウンサーまでをも巻き込もうとするんですが

家庭持ちのアナウンサー、そこはきっぱりと拒否。

f:id:LITTLEWING:20191002213551j:plain

そんなアナウンサーも

昔はずいぶんヤンチャだったそうですが・・・

f:id:LITTLEWING:20191002213559p:plain

こういうこと?w(※一応別人です

 

それはさておき試合の方はというと・・・

最初から最後まで滝沢のペースに。

さすがに7-0の時間は僅かでしたが

半分以上は6-1というほぼワンサイドの展開に。

結局、山口としてはいいところが見せられないまま

6-1で滝沢が勝利。

f:id:LITTLEWING:20191003210042j:plain

滝沢に勝利したラスカルをワンサイドで降したとあって

タイトルマッチでも期待された山口でしたが

滝沢<ラスカル ラスカル<山口 だったからといって

滝沢<山口 となるとは限らないのがこの世界。

王者らしい安定した試合運びを見せて

危なげなく防衛に成功しました。

 

まあ・・・個人的には山口が率いる凶獣ってのも見てみたかったですけどね。

やはり、女神杯優勝者は伊達ではなかったということで。