広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS RUIN 6試合目 TausendKanone VS ライオット

f:id:LITTLEWING:20191001210943j:plain

「SEVEN DAYS RUIN」6試合目はTWPタッグ選手権試合。

2度目の防衛戦となるタウゼント・カノーネですが

今回の挑戦者は・・・ライオット!

SHIROKAGEにベルトを獲られるまでは

絶対王者」までいわれていたライオットが

勢いに乗るタウゼント・カノーネを止めるのか?

 

青コーナー ライオット

f:id:LITTLEWING:20191001212756j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001212805j:plain

ライオットとして試合を行うのは

SHIROKAGEにベルトを奪われた今年の1月以来。

当然、SHIROKAGEへのリベンジを狙っていたのですが

現在の王者はSHIROKAGEではなくタウゼント・カノーネ。

そんなこともあって、本来なら気を落とすところなんですが

タウゼント・カノーネが相手なら申し分なし!と

改めてやる気を出すソニックとメアリ。

f:id:LITTLEWING:20191001213156j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001213203j:plain

メアリと千鶴は同期でありライバルでもある関係。

ソニックとシュバルツも

かつてシングルのベルトを競い合った関係ということで

個人としてもそれぞれ因縁があるわけです。

f:id:LITTLEWING:20191001213501j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001213506j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001213514j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001213519j:plain

そして、この試合では試合終了のゴングが鳴るまで

ノンストップで動き続けると宣言。

タフさには自信のあるライオット、

宣言通りに相手をダウンさせるまで動き続けるのか?

  

赤コーナー TausendKanone

f:id:LITTLEWING:20191001213835j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001213840j:plain

ライオットが本当はSHIROKAGEと戦いたかったのだと知ったら

シュバルツあたりは怒り出すのかと思ったんですが

むしろ逆に、SHIROKAGE以上のおもてなしをしてあげると返してきます。

f:id:LITTLEWING:20191001214100j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001214107j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001214112j:plain

そもそも今のタッグ戦線は

SHIROKAGEの提案によって始まったものでした。

SHIROKAGEとしては、3度の防衛を果たした後に

ライオットと改めて雌雄を決する・・・つもりだったのですが

SHIROKAGEが引いたレールはタウゼント・カノーネが引き継ぐ形に。

そのレールの終点がこの試合というわけです。

f:id:LITTLEWING:20191001214642j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001214647j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001214652j:plain

ライオットからのタフネス勝負も、真っ向から受けるつもりの千鶴。

SHIROKAGEが引いたレールを走る第一章を勝利という形で終え、

タウゼント・カノーネ第二章へと進むことが出来るのか?

  

解説および試合

コメンテーターは、そのSHIROKAGEの片割れ、細野。

・・・大丈夫なの?

f:id:LITTLEWING:20191001215012j:plain

やっぱり大丈夫じゃなかったw

コメントするのは無粋だとか言った人は実は他にもいたけど

それでギャラカットね、とか言われた人もいますからね?

この手は安易に用いてはいけませんw

そんなことを細野が気にしたわけではないんでしょうが

試合には触れない代わりにSHIROKAGEの情報を提供してくれました。

f:id:LITTLEWING:20191001215234j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001215240j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001215246j:plain

そう、SHIROKAGE対決についてを公の場で語ったのです。

これは当然気になるところなんですが

この話を掘り下げると焦点がずれてしまうという判断から

この場ではこれ以上触れないことに。

ならばということで

f:id:LITTLEWING:20191001215513j:plain

細野が小耳に挟んだうわさ話を語ってくれました。

ライオットが富士登山をした話を聞き

タウゼント・カノーネは海に潜りに行きたい、

という話を先日していましたが

行き先は沖縄の海となりました。

f:id:LITTLEWING:20191001215730j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001215734j:plain

f:id:LITTLEWING:20191001215741j:plain

そこで千鶴がウツボに襲われたらしいのですが

結果は・・・え、食べたの?(^^;;

 

そっちはそっちで気になりますが今は試合の方に集中を。

まず先行したのはタウゼント・カノーネ。

中盤まではほぼ7-0ないし6-1でリード。

しかし、時間が進むにつれて

mixi、ゲソ・ブラゲ、ニコとライオットが反撃し

5-2ないし4-3でライオットがリードします。

およそ6時間、この均衡は続きました。

そんな中でも徐々に差を詰めていくタウゼント・カノーネ。

そして試合時間は残り1時間もなくなったこのタイミングで

ついに並ぶトータルpt!

最後の最後までもつれたこのタイトルマッチを制したのは・・・

f:id:LITTLEWING:20191002183947j:plain

4-3でタウゼント・カノーネ!

割とワンサイドになることも多いタイトルマッチですが

ここまで接戦が続いたのは珍しいんじゃないでしょうか?

 

ともあれ、これで防衛回数も2となり

次からはタウゼント・カノーネ第二章が始まるわけですね。

とはいうものの、SHIROKAGEはしばらく動かないと言い切ってますし

次の対戦相手を探す方でむしろ時間がかかりそう?

パッと思いつくのは朧双花あたりですが

次はどこが挑戦してくるのでしょうねー。