広告

【リングドリーム】RISING VORTEX 6試合目 岸田南美 VS 小早川ぽひ

f:id:LITTLEWING:20190827205329j:plain

RISING VORTEX 6試合目も魔王軍による侵略戦。

今回の戦いにおける魔王軍の旗頭、小早川ぽひを迎え撃つのは

レジスタンスNo.2岸田南美。

東女時代の同期であるメアリ、千鶴に先んじて

シングルのタイトルマッチ経験者と戦う事となったぽひ。

キャリアではもちろん岸田の方が上ですが

実力の方では果たして・・・?

 

青コーナー 小早川ぽひ

f:id:LITTLEWING:20190827210446j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827210453j:plain

今回は、レジスタンスNo.2の肩書きを持つ岸田が相手。

思わず尻込みしてしまうというぽひですが

それでも勝ちたいとぽひらしからぬ?積極的なな発言をします。

というのも

勝負に勝つということは、責任を背負っていくということ

だとヴァンプに教えられたから。

f:id:LITTLEWING:20190827210919j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827210924j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827210929j:plain

そしてぽひは、これまでの試合を思い出します。

ヤンドラ杯で優勝した時のことや

同期との対決(※メアリには負けましたけど)。

そして・・・つい先日の笠松との勝負。

こうしてふり返ると、自分の背中にも

結構な責任がのしかかっているのだなと実感。

f:id:LITTLEWING:20190827211701j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827211705j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827211712j:plain

そんな、これまで倒してきた強敵達のためにも

頑張るのだと笑顔で語るぽひ。

  

赤コーナー 岸田南美

f:id:LITTLEWING:20190827211808j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827211820j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827211827j:plain

「負けた相手の分まで責任を背負う」

というぽひの発言に同意しつつも

責任というのはそれ以外からも生まれるのだという岸田。

それは、仲間の信頼であったりファンの期待であったり。

少なくとも、自分はそういうものも背負っているのだと言います。

そして、それ故に今日は負けられないのだとも。

f:id:LITTLEWING:20190827212738j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827212744j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827212753j:plain

ぽひの力は認めつつも、まだ現状では自分には及ばないはず。

そう分析した上で、あえて呼び捨てに言いかえての宣戦布告。

f:id:LITTLEWING:20190827212757j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827212805j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827212811j:plain

ぽひを討ち果たし

魔王軍を駆逐し

レジスタンスの礎としてくれる!(くわっ

と力の入る岸田。

  

解説および試合

コメンテーターはヴァンプなんですが

f:id:LITTLEWING:20190827213311j:plain

ぽひの勝利を信じて疑わない様子。

さすがにそこまで言い切っては

ぽひに余計なプレッシャーを与えてしまうのでは?と

塩味が心配するのですが

勝負にガラスのハートなんて不要だと気にもかけないヴァンプ。

f:id:LITTLEWING:20190827213621j:plain

実際、今の時点で既に塩味よりも実力は上なのでは?

と、逆にヴァンプから問われるのですが

塩味もそれをあっさりと同意。

それほどにぽひは強くなったんですが

f:id:LITTLEWING:20190827213823j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827213834j:plain

そうはいっても相手はレジスタンスのNo.2。

一撃まともに喰らってしまえば、一気に持って行かれるのでは?と。

笠松の試合の際にも言われていましたが

ぽひは肉体的に優れているわけではないですからね。

岸田の攻撃がまともに入ればひとたまりもないはず。

f:id:LITTLEWING:20190827213841j:plain

f:id:LITTLEWING:20190827213849j:plain

しかし、それでもぽひへの信頼は一切揺るがないヴァンプ。

そして実際、その信頼を納得するしかない試合展開となりました。

最初から最後まで、完全にぽひのターンで

岸田には一度も見せ場を譲ることなく

最終的には4500万もの差を付けての勝利。

ヴァンプの強気なコメントが徒となるのでは?

なんて心配したのが馬鹿馬鹿しく思えるほどのワンサイド。

これで魔王軍の対レジスタンス戦は5連勝に。

 

ただ、それよりもぽひがシングルマッチで結果を残したというのが

今後の事を考えると非常に大きいのではないかと。

タイトルマッチ経験者を一方的に屠ったわけですからね。

こうなると、ぽひがベルト戦線に名を連ねる日も

そう遠くはないのかも?