広告

【リングドリーム】RISING VORTEX 4試合目 ラスカル・アトミコ VS アントラー山口

f:id:LITTLEWING:20190825211441j:plain

RISING VORTEX 4試合目は

無法者VS悪役と評された同期対決。

ラスカル・アトミコ VS アントラー山口ですが

今回もやはり普通に始まることはなく・・・

 

f:id:LITTLEWING:20190825212021j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825212026j:plain

収録の時間になっても一向に姿を現さないラスカルと山口。

これまでの前科があるだけに

またラスカルがやらかしたのか?と思うわけですが

前科があるからこそ、当然対策も施しています。

(あとなにげに含められている森近さんw)

そう、こんなこともあろうかと

両選手にカメラマンを張り付かせていたのです。

そして、その映像を確認してみた結果・・・

 

ラスカルカメラ

f:id:LITTLEWING:20190825212448j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825212453j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825212502j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825212510j:plain

 

f:id:LITTLEWING:20190825212541j:plain

どうやら、山口の控え室を襲撃したようなんですが

当の山口がおらずに空振り。

その怒りを、思わずロッカーにぶつけてしまったようです。

プロレスの凶器としてよく用いられるパイプ椅子とか

会場のものを使って壊してしまうと弁償、

なんて話は聞いたことありますが

ロッカー破壊は弁償額も跳ね上がりそうで・・・(^^;;

しかしこうなると、山口がどこにいるのかが気になる所。

そこで、こちらも山口に張り付いていたカメラを確認することに。

  

山口カメラ

f:id:LITTLEWING:20190825213142j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825213146j:plain

はい、こちらもラスカルの控え室を襲撃してました。

収録現場に向かうラスカルと鉢合わせ出来るよう

ルートを選んで来たとのことですが

当のラスカルは収録現場ではなく

山口の控え室へ向かった為にすれ違ってしまったようです。

そんなわけで、襲撃に失敗した以上は

普通に実力でぶっ飛ばすと気持ちを切り替える山口ですが

f:id:LITTLEWING:20190825213152j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825213214j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825213219j:plain

そのまさかが今現実に起きてるんですよ山口さん?w

  

 

f:id:LITTLEWING:20190825211957j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825212002j:plain

そんなすれ違い、本人達は至って真面目にやってるんですが

端から見ている分には確かに間の抜けた展開。

しかし、そのおかげで試合前の接触を免れ

「正々堂々」の勝負になると

滝沢はむしろこの偶然を喜ばしく思います。

f:id:LITTLEWING:20190825213927j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825213934j:plain

ただ、その「正々堂々」という言葉にはさすがに同意できなかったのか

反則合戦になるのでは?と反論が。

しかし、ここで滝沢がいう「正々堂々」とは

反則をしないという意味ではないようで。

f:id:LITTLEWING:20190825214134j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825214143j:plain

滝沢がいう「正々堂々」とは

それぞれのレスラーが持つ「理想のレスラー像」の競い合いなんだと。

滝沢にとってはそれは「技がメイン」であろうし

ラスカルにとっては「反則がメイン」かもしれない。

そんな滝沢にとっての「理想のレスラー像」からは

ラスカルのあり方は到底認められるものではないのだけれど

あれはあれでプロレスなんだと意外な発言をしてくれます。

 

ちなみに、勝負の行方については滝沢でもわからないようですが

f:id:LITTLEWING:20190825215034j:plain

f:id:LITTLEWING:20190825215039j:plain

山口が勝った場合は挑戦者に指名するのもありか、と

暗に2002年組最強決定戦をほのめかすような発言も?

 

そんな滝沢の気になる発言はさておき

試合の方はというと・・・まさかの?山口ワンサイド。

試合開始直後に若干攻防があった程度で

あとはひたすら7-0という展開に。

結局そのまま最後まで、ラスカルに見せ場を作らせることもなく

山口が完全勝利!

 

正直ここまで一方的な試合になろうとは思ってなかったので

この展開には驚かされました。

でもこうなると、試合前に滝沢がほのめかしていた事が

いよいよ現実味を帯びてきたということに?

順番的には、ソニックとやるのが先でしょうから

ソニックが滝沢に勝った場合はわかりませんけど

滝沢が勝って山口を指名すれば・・・

2002年組最強決定戦、実現しませんかねー。