広告

【リングドリーム】RISING VORTEX 3試合目 円丈美和 VS 南城ざくろ

f:id:LITTLEWING:20190824181638j:plain

RISING VORTEX 3試合目はセヴンスター選手権試合。

円丈美和2度目の防衛戦の相手は南城ざくろ

王者にとってはまさにここが試練の時!

 

青コーナー 南城ざくろ

f:id:LITTLEWING:20190824182409j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824182417j:plain

プロレスは顔でやるものではない。

それはもちろんざくろだってわかってはいるのですが

そう言わずにはいられないほどのモブ顔だと

初っ端から口撃が止まらないざくろ

f:id:LITTLEWING:20190824182437j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824182444j:plain

まあ、モブ顔についてはともかく

実力的に考えて、森近が勝つだろうと多くの人に思われていたのは事実。

しかし、結果は円丈が勝利。 

そして次の福北戦にも勝利して

森近戦での勝利がまぐれではないことを証明。

こうなっては、ざくろとしても円丈を認めないわけにはいきません。

f:id:LITTLEWING:20190824185636j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824185641j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824185648j:plain

ただし、口撃がやむわけではなく

最後まで言いたい放題のざくろでしたw

  

赤コーナー 円丈美和

f:id:LITTLEWING:20190824203924j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824203936j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824203941j:plain

とまあ、そこまで言いたい放題やられては

さすがに面白いはずがない円丈ではありますが・・・

モブ顔云々については本人も自覚しているだけに

否定できないのが辛いところ(^^;;

f:id:LITTLEWING:20190824204114j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824204120j:plain

ただ、そんなざくろの口撃に気後れする円丈ではありません。

これがセヴンスターの初戦だったらわからなかったけれど

今は森近、福北、2人分のプライドも背負っているのだから。

f:id:LITTLEWING:20190824204316j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824204321j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824204329j:plain

そんな円丈が目指すのは

ざくろ、伏久「暗黒果実」の両名を倒しての

セヴンスター満期返上。

セヴンスターが始まる前の評価では

間違いなく「暗黒果実」の両名の方が上なだけに

これが簡単なではない事は円丈も

いや、円丈が一番実感している事ではありますが・・・。

  

解説および試合

コメンテーターは、その話題にあがった

「暗黒果実」の片割れである伏久。

f:id:LITTLEWING:20190824204858j:plain

そんな伏久が、身内びいきを抜きにしたとしても

やっぱりざくろが勝つだろうと言うくらいには

両者の間には本来、実力差が開いているはずなのです。

f:id:LITTLEWING:20190824205055j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824205101j:plain

f:id:LITTLEWING:20190824205107j:plain

しかし、それを言い出したら

そもそも円丈は森近に勝っているはずがなく

福北にもたぶん勝ててないはずなんです。

それを伏久は「ミステリー」だと評します。

プロレスの世界では稀に起こる、理屈から外れたものだと。

f:id:LITTLEWING:20190824205307j:plain

「お前が言うな!」とか正直思ってたんですが

よかった、ちゃんと本人自覚してたw

御神体云々以前に

凶獣若手NO.1決定戦の頃に

目立ちたくないと言いながら結局優勝して

その後若手のまとめ役をする羽目になったのが伏久ですもんねw

あれこそまさに伏久のいう「ミステリー」でしょう。

ただ、その本人が言うだけに

「ミステリー空間」が展開される前に倒せ

というのはある意味説得力があったんですが 

 今回はそれが早々に展開されたのか

過去2試合とは違って円丈が終始試合を引っ張っていきます。

その勢いは7-0の時間帯も何度かあったほど。

もちろん、地力では勝ると言われていたざくろも反撃を見せ

ヤバゲ、ニコを逆転して後半からはほぼ5-2に。

しかし、終盤にはまた円丈のペースが上がり

最終的には1千万以上のさを付けて

5-2で円丈が2度目の防衛に成功しました。

 

これで、次のセヴンスターは円丈VS伏久に。

円丈が語っていた、

暗黒果実を倒しての満期返上に一歩近づいたわけです。

しかしまあ・・・この円丈の活躍を伏久が

「ミステリー」と評していたわけですが

ディスティニーはそういったものに何かと縁がありますよね。

 

そもそも、麗がシングル王者になるなんてことは

当時は誰も思っていなかったのに

気がつけば約3年もの間、菊池と2人だけでベルトを奪い合うほどに。

 

リーダーのくるみも、マネージメント能力の方は

早い内から評価されたものの、実際のプロレスの方はさっぱりで

ヤンドラ杯でもいつの間にか予選敗退してたほど。

それが今ではセヴンスターを満期返上した数少ないウチの一人ですからね。

 

森近・・・は、これらの例に当てはめていいのか微妙なところですが

円丈もそんな麗やくるみのように

大きな結果を残したいところですね。