広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS ROMANTIC 1試合目 風魔あやめ VS キャシー・ホワイト

f:id:LITTLEWING:20190321153508j:plain

8連戦イベント「SEVEN DAYS ROMANTIC~ビッグバンチューズ~」が始まりました。

今回は、8試合目のみ多摩女興行で残りは東女興行といった構成に。

その最初の試合は、ダークマッチとして組まれた

サンモニ内の格付け戦。

風魔あやめ VS キャシー・ホワイトとなります。

 

f:id:LITTLEWING:20181216131854j:plain

事の発端は、昨年末にハミングが発したこと一言でした。

一部のメンバーをのぞいて、

緊張感が欠けているのではないかという指摘から

格付け戦を行うことで緊張感を持たせようというもの・・・だったんですが

東女内の他の試合との兼ね合いもあってかなかなか実現にはこぎつけられず

ようやくその目処が付いたのがつい先日。

最初の発言から実に3ヶ月が経過していました。

 

で、そんな格付け戦の第一試合となるのが今回の

あやめとキャシーの試合となるわけですが

f:id:LITTLEWING:20190321154527j:plain

f:id:LITTLEWING:20190321154533j:plain

サンモニ同士だからと、試合前の控え室が同じというなんとも困った状態に。

それでも、オンオフはきっちり分けられるから問題なしと、

むしろ直前まで仲良くして、

それを試合にまで引きずった方が不利になる

というのはどうか?とおかしな提案を。

そこで、具体的にどう仲良くするかという話になるんですが

肩を組むのも、歴代戦闘物メドレーを一緒に歌うのも

いつもやってること。

そこで、普段やらないようなことをと考えを出し合った結果

f:id:LITTLEWING:20190321155218j:plain

1つのグラスの飲み物を2本のストローで一緒に飲むとか

f:id:LITTLEWING:20190321155304j:plain

お互いに「あーん」してお菓子を食べさせるとか

f:id:LITTLEWING:20190321155335j:plain

f:id:LITTLEWING:20190321155341j:plain

正面から抱き合うとか

f:id:LITTLEWING:20190321155412j:plain

f:id:LITTLEWING:20190321155418j:plain

ポッキーゲームするとか

f:id:LITTLEWING:20190321155550j:plain

f:id:LITTLEWING:20190321155601j:plain

ようやく気付きましたかw

結局、試合時間まで普通に待つことに(^^;;

 

そんな仲良しの両者ですが、実績では結構な差が。

キャシー・ホワイト 3-2
× ソニックキャット VS キャシー・ホワイト 後日談  
○ 大鉛・滝沢組 VS キャシー・ハミング組[ワンマッチ] 後日談  
○ ハミング・飯田組 VS ホワイト・兎角組[ワンマッチ] 後日談  
× キャシー・ホワイトVS一箭遙(セヴンスター)    
○ ルシフェル美香VSキャシー・ホワイト(セヴンスター) 後日談  

キャシーの方は、女神杯にも出場したルシフェル相手に

セヴンスターでは見事勝利。

他にも、世代闘争時にはソニック相手に好勝負をしてみせたりと

サンモニ内でも上位に位置するのではないかと思わせる実力があります。

 

逆にあやめの方はというと、実は7連戦、ワンマッチでの戦績はゼロ。

f:id:LITTLEWING:20180417213021j:plain

f:id:LITTLEWING:20180703210946j:plain

 そもそもが、忍者だからといってずっと忍んでましたからね(^^;;

そんな忍ぶ行為をやめたのが昨年の4月だから

あれから約11ヶ月・・・長かったですね。

2008年二期組は

ぎりぎりセヴンスターの対象にならなかった世代でもあるので

ようやく迎えた目立てる機会。

是非ともものにしたいところですが・・・

やはり実績での差は大きかったのか、

試合はキャシーが終始引っ張っていく展開に。 

それでも、前半はほぼ7-0状態だったのを徐々に巻き返して

中盤から後半にかけては6-1や5-2に。

更にあやめの勢いは止まらず、終盤になって果敢に攻めていきます。

そしてついにキャシーに肉薄!その結果は・・・

f:id:LITTLEWING:20190322174753j:plain

4-3でキャシー辛勝!

トータルptの差は約34万で、あやめはあと一歩及ばず。

まあ、これまでの実績から考えれば当然の結果といえなくもないですが

そのキャシーをここまで苦しめたんですから

忍ぶのをやめたのは大正解だったんじゃないでしょうか。

これを機に、ガンガン前に出てきて欲しい選手ですね。