広告

【リングドリーム】SEVEN DAYS DIAMOND 7試合目 ライオット VS SHIROKAGE

f:id:LITTLEWING:20190123212428j:plain

「SEVEN DAYS DIAMOND」7試合目はTWPタッグ選手権試合。

ライオット3度目の防衛戦の相手は

奇しくも、ライオットを結成して最初の対戦相手だったSHIROKAGE。

1度目はタッグ王座への挑戦権を賭けた戦いでしたが

2度目の今回は挑戦権ではなく、ベルトそのものを賭けた戦い。

今回もライオットが返り討ちにするのか?

それとも、SHIROKAGEがリベンジを果たすのか?

 

青コーナー SHIROKAGE

f:id:LITTLEWING:20190123213213j:plain

f:id:LITTLEWING:20190123213220j:plain

前述の通り、SHIROKAGEとライオットは今回が2度目の対決。

その1度目はライオットが勝利して、

その勢いでタイトルマッチも制し新王者となったわけですが

正直、ホワイトフェイスは

細野とのタッグならどこまでもいけるのではないか?

そんな慢心をしていたのだとか。

しかし結果はライオットの前に敗北。

f:id:LITTLEWING:20190123213655j:plain

f:id:LITTLEWING:20190123213702j:plain

これで目が覚めたホワイトフェイス。

それ以降は気を引き締め、向上心を保つことが出来て

結果、ライオットに負けて以降はこれまで負けなし。

だから皮肉でも何でも無く、素直にライオットに感謝を示したいのだと。

f:id:LITTLEWING:20190123214335j:plain

f:id:LITTLEWING:20190123214340j:plain

一方こちらは、井上さんとちくわ絡みの事を除けば

欲らしい欲を見せてこなかった細野。

世代抗争時にも、せっかくの権利を

ホワイトフェイスとのタッグに使ってしまうくらい。

(もちろん、それがあったからこその今なんですが)

しかし、そんな細野がホワイトフェイスと一緒の時だけは

欲張りになったのだとか。

それが何を示すのかといえばもちろん・・・

f:id:LITTLEWING:20190123215400j:plain

f:id:LITTLEWING:20190123215406j:plain

タッグベルトへの欲。

ホワイトフェイスが言っていた感謝の気持ちをレスラーとして返礼するため、

そして、珍しく細野が露わにした欲を満たすため、

本気でベルトを獲りに行きます。

 

赤コーナー ライオット

f:id:LITTLEWING:20190123220123j:plain

f:id:LITTLEWING:20190123220127j:plain

f:id:LITTLEWING:20190123220203j:plain

f:id:LITTLEWING:20190123220209j:plain

そんな、SHIROKAGEからの感謝の言葉を素直に受け取り

こちらも素直に喜ぶライオットの2人。

プロレスは潰し合いではなく生かし合い。

それがあの試合では出来ていたということだと。

まさに、ヒロイン冥利につきると。

だから、今回も堂々と受け止めると宣言。

それが、リベンジを挑んできた相手への礼儀だから。

f:id:LITTLEWING:20190123220516j:plain

f:id:LITTLEWING:20190123220521j:plain

今日も全力全開で、ライオット5度目の出動!!

  

解説および試合

コメンテーターは、女神滝沢。

f:id:LITTLEWING:20190123220945j:plain

両チームとも連携に優れ、動き回るという点は同じように思えますが

滝沢からすれば、タイプが異なるのだとか。

どこまでも「プロレス」がコンセプトであるライオットに対し

戦い方が格闘技寄りのSHIROKAGE。

f:id:LITTLEWING:20190123221108j:plain

f:id:LITTLEWING:20190123221114j:plain

ただしこれは「相手の攻撃を食らわない」という戦いのコンセプトについての話で

技的なものでいえば、むしろライオットの方が格闘技寄りだろうと。

もちろん、どちらが正しいとかどちらが良いなんて話ではないですが

まさに真逆ともいえる両チーム。

そんな両チーム、前回は抜きつ抜かれつの好勝負を展開しましたが

今回はというと・・・
予想以上にSHIROKAGEが飛ばしていきます。

特に、ニコとゲソ・ブラゲが尋常ではないペースで

どんどん差を広げていきます。

どれくらい尋常ではないかというと・・・

最終的に、ニコの差は3600万超え、

ゲソ・ブラゲに至ってはなんと5800万超え。

この2PFだけで9000万以上の差があるという時点でおわかりでしょう。

今回はSHIROKAGEが圧勝!

mixiだけは何とかライオットが押さえましたが

SHIROKAGEが6-1で勝利という結果となりました。

f:id:LITTLEWING:20190124212841j:plain

寸評にもある通り、これまで土壇場での逆転というのを見せてきただけに

今回もそれがあるのではないか?

そう思うと最後まで気を抜けなかった。

その結果がこの差として現れたということなんでしょうか。

 

ともあれ、ライオットついに王座陥落!

そしてSHIROKAGEが新王者に!

ライオットが防衛したら、メアリのシングル活動を・・・

という話でしたが、こうなるとそれもしばらくはお預け?

気になるのは、ライオットを今後も継続するか。

もちろん、たった1度負けた程度で解散して欲しくはないですが

元々別派閥で組んだタッグだけに

いつタッグ解消してもおかしくはないでしょうからね。

 

ただ個人的には

3年近く前に話していた、メアリ、兎角のタッグも見てみたい気はするんですよね。

兎角もヤンドラ卒業ということで、タイミングとしては悪く無いと思うんですが

・・・そうはいってもやっぱりライオットでしょうねー(^^;;

(つい数時間前にニコ生で「解散は今のところない」とのコメントあり)

 

あと、試合時間がたったの10分ということで一部揉めていたようですが

一応こういうことらしいです。

つまり、7秒でバックフィリップ的な(あれは極端w