広告

キン肉マン65巻

キン肉マン 65 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 65 (ジャンプコミックス)

 

 正義超人軍VSオメガ・ケンタウリの六鎗客の戦いは

ウルフマンの活躍もあって全敗だけは免れました。

しかし、残る相手は5人。

キン肉マン1人で相手をするのはさすがに厳しいところ。

そこに、突如乱入してきたのが運命の王子たち。

キン肉マン+運命の王子たち

VS

オメガ・ケンタウリの六鎗客

という図式に。

 

 

キン肉マンマリポーサ VS ヘイルマン

「アノアロの杖」無しでもモクテスマ・ディフェンスが可能となったマリポーサ。

氷を武器とするヘイルマンに対しては圧倒的有利・・・と思いきや

ヘイルマンはマリポーサを氷室に閉じ込めることで酸素不足にすることで

炎を消すという頭脳プレーに。

 更には、火種となりそうなものは根こそぎ凍り付かせて

再点火できなくする徹底ぶり。

追い詰められたマリポーサ、苦し紛れの四の字固めを極めるが

あっけなく反転させられてそこから鎌固めに。

 

しかし、これはマリポーサの作戦。

鎌固めをかけているヘイルマンのアイスボディ

レンズ代わりとなってマリポーサに再点火!

再びモクテスマ・ディフェンスを発動し、

更にはマリポーサ式マッスル・リベンジャー・・・と思いきや

そこから派生した新技「アステカセメタリー」炸裂!!

 

キン肉星の壁画からのお怒りは・・・よし、OK!w

 

キン肉マンビッグボディ VS ギヤマスター

強力殺法 VS ギヤの回転力勝負となったこの試合。

ビッグボディのトラウマを攻めた

マッスル・リベンジャーもどきをギヤマスターが敢行するも

むしろトラウマを克服するチャンスだと、

強力アトミックボムで返すビッグボディ。

 

そこで、ギヤマスターもハイパージェノサイドモードにギヤチェンジ。

一転、ギヤマスターのペースに。

ここからビッグボディが逆転するには相手のギヤをなんとかして止めるしか。

そしてそのヒントは

この試合を行っている場所、中国 紫禁城

「強力ジェットトルネード」で起きた砂竜巻、

その中で作った球状のものをギヤマスターにぶつけるビッグボディ。

その正体は・・・黃砂。

北京の黃砂は洒落にならないみたいですからねぇ。

そんな黃砂によって、ギヤマスターのギヤは完全停止。

王位争奪編では見せられなかったビッグボディの必殺技

「メイプルリーフクラッチ」が炸裂!

 

といった感じの65巻。

まさかのマリポーサ、ビッグボディでの2連勝。

っていうか、マリポーサが意外にも格好良くてビックリしましたw

ビッグボディの方はまあ・・・

「見ているかペンチマン、レオパルドン、ゴーレムマン、キャノン・ボーラー!」

の台詞の所で4人をバックにギヤマスターを固めているシーン。

見せ場のはずがむしろ吹きそうになったというか(^^ゞ

 

ちなみに、キン肉マンゼブラ VS マリキータマンの試合も少し収録されていますが

マリキータマンの拳をかわし、バックスピンキックで

その拳をマリキータマンの顔面にめり込ませたところで

次巻に続くとかわかってますよね!w

 

次の出番はもちろん「3ヶ月後」ということで(※本当に66巻は3月発売予定