広告

【リングドリーム】年末年始の十四番勝負~ネクストジェネレーションズ~その8

通常スカウトイベント「年末年始の十四番勝負~ネクストジェネレーションズ~」。

8つめに紹介するのは1月5日のタウゼント・カノーネの2人と・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20190106111122j:plain

f:id:LITTLEWING:20190106111127j:plain

年が明けて、タウゼント・カノーネとしての初練習・・・をする前に

帰省中に何してたかという話題に。

しかし、千鶴の第一声が「散々でした」とは一体何が?

 

f:id:LITTLEWING:20190106111133j:plain

f:id:LITTLEWING:20190106111138j:plain

f:id:LITTLEWING:20190106111146j:plain

どうやら、千鶴がプロレスラーとして多少名が知られるようになったことで

手合わせを希望する門下生が殺到した模様。

ある程度相手を厳選するなり、途中で断るなりすればいいものを

馬鹿正直に希望者を次々と相手にする千鶴。

そのうちに千鶴自身も興が乗ってきて

結局は全員相手にした・・・ってことなんですかね?

散々だったという割にはノリノリだったんじゃないですかーw

f:id:LITTLEWING:20190106111151j:plain

f:id:LITTLEWING:20190106111157j:plain

そんな千鶴の両親となればお察しというか。

手合わせ希望者の中にしれっと混じる父。

シュバルツとの手合わせを希望している母。

この親にしてこの子あり、ってことなんですかねw

ちなみにこのお母さん、東女の入団試験をこっそり受けて合格してますからね。

(入団していたら、神楽坂、アナの同期)

f:id:LITTLEWING:20190106111203j:plain

何はともあれ、そんな千鶴の話に頼もしさを感じるシュバルツ。

年末の興行で白星スタートを切ることが出来たタウゼント・カノーネ。

今年は更に勢いを増して突っ走りたいところ。

ただ、シュバルツにはタッグとは別件でなにやらオファーが?

ここ最近の絡みを考えると、円陣との再戦とか?

でもそれは、むしろこちらから要求する話でしょうからたぶん違うでしょう。

そうすると・・・

f:id:LITTLEWING:20181022185138j:plain

いずれアメリカに行く予定らしい霧島絡み?

しばらく会えなくなるからその前に一度戦っておきたいとか。

まだこちらの方が可能性はありそうな気はしますが

そんな小難しい話ではなく、単にバレンタインキャンペーンの話という可能性もw 

f:id:LITTLEWING:20190106111208j:plain

f:id:LITTLEWING:20190106111213j:plain

そして、実は一緒にいた朧双花。

タッグの話となれば、こちらも負けていられませんが

年内にベルトを狙えれば、くらいの気持ちで

特に焦ってはいない咲川。

しかしここでシュバルツから提案が。

今年どちらかがタッグベルトを獲ったら

タウゼント・カノーネと朧双花でタイトルマッチをやろうと。

どちらがタッグ王者になってもおかしくはないだけに

実現する可能性はそこまで低くないのでは?

と思わされるこのカード。

とはいえ、現王者であるライオットはいうまでもなく

次期挑戦者であるSHIROKAGEも手強いタッグですからね。

女神杯の後はやはりタッグの方が盛り上がりそうな感じですかねー。