広告

【リングドリーム】2012年一期組の1番手は?

f:id:LITTLEWING:20181224134727j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224134734j:plain

このタイミングに2012年一期組が集まって話をするとなれば

当然セヴンスターについて。

最初の順番決めをここでやったからなのか

それ以降、何かとここで順番を決めることが多く

むつみもそれにならってここに皆を集めたのはいいんですが・・・

今は12月。

12月の公園とか寒いに決まってるじゃないですかw

当たり前のように皆から不満が出る始末。

 

ならばと、とっとと話を付けようということになり

f:id:LITTLEWING:20181224140330j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224140337j:plain

まず1番手を希望する者を確認するんですが・・・

f:id:LITTLEWING:20181224140417j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224140423j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224140428j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224140434j:plain

まさかの全員w

これは、話が長引きそうということで

結局建物の中に移動してから話し合う事に。

 

f:id:LITTLEWING:20181224140706j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224140712j:plain

レスラー同士でもめたのなら、リング上で決着を・・・!

といいたいところですが、さすがにそんな時間も無いので

1番手を希望する理由に最も説得力がある人を選ぶということに。

その結果、選ばれたのが・・・沓沢。

f:id:LITTLEWING:20181224140939j:plain

現セヴンスター王者である、くるみは次の防衛戦が最後。

勝った場合は満期返上となるので、ディスティニーとして後に続きたい。

負けた場合はかんきちが王者となるので、リーダーの仇討ちをしたい。

そんな理由で選ばれました。

 

ちなみに、他の人の理由はというと・・・

飛咲:1番手が1番目立ちそうだから

むつみ:早いほうがいいだろ

半月:早いほうが先輩達へのアピールになる

などと、沓沢ほどのちゃんとした理由がある人はいなかったわけで。

 

f:id:LITTLEWING:20181224141455j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224141500j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224141508j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224141513j:plain

ただ、出来る事ならディスティニー対決をしたかった

という思いはやはりどちらにもあったようで。

しかし、もしそれが実現していたら

沓沢では勝てなかっただろうと自ら認めるくらい

今のくるみは力を付けました。

さわり戦だけの勝利であれば、まだまぐれと言えたかも知れないけれど

一二三戦でも予告通りの圧勝。

さすがにもう、まぐれだとは言えないでしょう。

とはいっても、それでかんきちに勝てるかといえば

今のくるみから見ても微妙だそうですが。

f:id:LITTLEWING:20181224142940j:plain

f:id:LITTLEWING:20181224142947j:plain

これまで、試合面では常に麗におんぶにだっこだったディスティニー。

そのツケがついに来た感じですが

そんな中、くるみがセヴンスター王者となり

それをきっかけに麗とのタッグ結成。

沓沢も、ケアとのタッグで中堅あたりでの実績を積んでいく予定。

そして、今回の話には名前は挙がりませんでしたが

森近もラスカルの指導の下着実に伸びてきています。

なので、来年からはメンバー全員で

ディスティニーの色々なものを背負っていければ・・・と抱負を語るくるみ。

f:id:LITTLEWING:20181224143718j:plain

でも、「ディスティニーの色々なもの」に

チキンはさすがに含まれないと思うのw

っていうか、どんだけ頼んだのよラナさん!(^^;;