広告

【リングドリーム】強敵乱舞~極東フランティック~その2

通常スカウトイベント「強敵乱舞~極東フランティック~」。

2回目に紹介するのは先日のFWWW興行について語る

「応援☆アイドル」「妖怪の里」の2つ。

なお余談ですが、

f:id:LITTLEWING:20181216135423j:plain

メカレスラーZが強豪として登場した際に

「でけえよ!」と思ったんですが

f:id:LITTLEWING:20181216135430j:plain

次の画面では思わず

「ちっさ?!」と叫んでしまいました(^^;;

 

f:id:LITTLEWING:20181216134029j:plain

f:id:LITTLEWING:20181216134035j:plain

リンドリでは初めての「無効試合」というトラブルに巻き込まれた八重嶽ですが

それが逆に注目を浴びるカードとなり、

そのカードで見事白星を飾れたとあって、すっかりご機嫌の様子。

f:id:LITTLEWING:20181216134042j:plain

f:id:LITTLEWING:20181216134047j:plain

f:id:LITTLEWING:20181216134053j:plain

f:id:LITTLEWING:20181216134059j:plain

これで、約束通り「アイドル対決」に相手を引っ張り出す事に成功。

問題は、当初の予定通りゆゆゆに挑むのか

知らぬ間に巻き込まれていた感のある檸檬に挑むのか。

どちらが相手でも、勝てた場合にはそれなりのメリットがあるので悩ましいところ。

しかし、そこで八重嶽が出した答えは・・・

だったら二人同時に挑んじゃえw

というわけで、アイドル対決はまさかのタッグに。

そうなると、八重嶽のパートナーが気になる所。

目の前にいる木下に頼むのか?

はたまた、アイドル対決のきっかけとなった綾部と組むのか?

でもそれなら、モモタと組む可能性も・・・あるのか?(^^;;

八重嶽は他のレスラーとほとんど接点のないので

この三択じゃないかなーとは思っているんですが、どうなるんでしょうね?

 

f:id:LITTLEWING:20181216134105j:plain

f:id:LITTLEWING:20181216134111j:plain

・塩味を倒して「ナイトメアNo.3」の肩書きを得ること

ベッキーへのリベンジを果たすこと

そんな理由から行われたタッグマッチでしたが、結果は見事勝利。

そればかりか、タッグ王座への挑戦権までついくるという思わぬ棚ぼた。

f:id:LITTLEWING:20181216134117j:plain

f:id:LITTLEWING:20181216134123j:plain

f:id:LITTLEWING:20181216134128j:plain

作中では「タッグ巧者」と言われていても

実際にはその評価通りに事が運ばないのがリンドリ。

そういう意味では、節分☆気分も初代タッグ王座決定戦で勝つことが出来ず

今年は「節分」が「バレンタイン」に負ける有様。

なので、今回は是が非でも勝利してベルトを奪い、

タッグ王者として節分を迎えるんだと気合いが入ります。

f:id:LITTLEWING:20181216134135j:plain

とはいえ、王者側としては

はいそうですかとベルトを渡すわけには当然いかず。

タッグとはいえ、雪女、ヴァンプ共に降し、

絶対王者」感のあるブレイブゴースト。

節分☆気分はそんなブレイブゴーストを止めることが出来るのか?