広告

【リングドリーム】LOCK-UP OVERFLOW FINAL ROUND 6試合目 ガッシュ・友野組 VS ブリュンヒルデ・野々村組

f:id:LITTLEWING:20181209135323j:plain

「LOCK-UP OVERFLOW FINAL ROUND」6試合目は

RLoWの重鎮、ブリュンヒルデを迎えてのタッグマッチ。

ブリュンヒルデは野々村とのタッグ「Oblivion」で。

そしてその相手は

ガッシュ・友野が再結成したタッグ「曇天」が務めます。

 

青コーナー Oblivion

f:id:LITTLEWING:20181209140210j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209140215j:plain

試合開始直前に、このような煽りVの撮影というのは本来しないそうなんですが

「郷に入っては郷に従え」と、なんだかんだ言いながらも

長いこと喋ってくれるブリュンヒルデさん。

それを要約すると

平和を貪るたたの豚は、我が戦いを見て恥じ入るがいい。

しかし、我が戦いに心を動かされたのなら狼であることを目指せ、

みたいな話。

f:id:LITTLEWING:20181209140914j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209140921j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209140926j:plain

話が本当に長かったのでここでは省略してしまいましたが

いかにも外国人レスラーっぽい立ち振る舞いって感じで

(※実際は違うのかもしれませんが、あくまで私のイメージ)

嫌だと言ってた割にはうまいこと盛り上げてくれますよね。

f:id:LITTLEWING:20181130213139j:plain

ちなみに、ブリュンヒルデと野々村はRLoWでは本来敵対する立場。

連携面は大丈夫なのかと神崎からも指摘されていましたが

f:id:LITTLEWING:20181209141433j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209141439j:plain

 そこは野々村もわかっているようで

いっそ、連携は最初から考えず

各々が好きに暴れて好きに戦うという作戦に。

f:id:LITTLEWING:20181209142024j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209142030j:plain

タッグマッチといいつつも、それぞれが個人で戦うつもりのOblivion

この作戦が功を奏するのか?
 

赤コーナー 曇天

f:id:LITTLEWING:20181209142215j:plain

デスヨネーw

TV放送時には字幕でも出るんでしょうけど、

リアルタイムでは英語がわからないと何言ってるのか・・・(^^;;

でも「日本に来たなら日本語で話せ」はかなり無茶かとw

f:id:LITTLEWING:20181209142422j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209142433j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209142438j:plain

しかし、そこは凶獣のエロ担当常識担当、友野がうまいことまとめます。

何を話そうとリングの上では関係ない、やることは同じだと。

f:id:LITTLEWING:20181209142644j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209142650j:plain

ただ、友野からしてみれば

野々村もブリュンヒルデも格上の相手。

そうそう当たれる相手ではないだけに、この試合への期待も大きいもよう。

f:id:LITTLEWING:20181209142855j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209142901j:plain

とはいえ、そんな格上が相手であろうと

連携を無視するというのであれば

こちらはその連携の恐ろしさを見せつけてやると

こちらはあくまでも連携重視で行くことを宣言。

個で勝るOblivion VS 連携で勝る曇天 という

わかりやすい対戦の図式ができあがりました。
 

解説および試合

コメンテーターはアリス。

といっても、凶獣のことを聞かれても全く知らないので

今回は、東女ファンが知らないブリュンヒルデについて語ってくれます。

1年半前にブリュンヒルデが来日した際に

滝沢や山口クラスだと説明していたのですが

今の滝沢は無差別級王者なので、

今に当てはめるなら姫小路、山口クラスとのこと。

(ここぞという時に勝てないイメージが・・・)

 

ファイトスタイルはヴァンプ鈴森にイメージが近く、

相手の攻撃を真正面から受け、真正面からたたき伏せるスタイル。

相手の真正面に立って、額を付き合わせた後

ショートレンジのビンタ、エルボー、ラリアットなどがお得意のパターン。

f:id:LITTLEWING:20181209143530j:plain

 

なお、リング外のことでいうと

チャリティイベントには呼ばれれば無理してでも行くとかで

子供達のために料理を作れと、

アリスも何度か引っ張り出されたことがあるとか。

 

あと、お酒が好きなことは神崎とのやりとりからも明らかですが

f:id:LITTLEWING:20181209144501j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209144506j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209144513j:plain

そこから「恋人募集中」なんてことまで口走ってしまうアリス。

さすがにそれはまずいのでは?とストップが入るんですが

ヒルデは日本語わからないから平気だと。

f:id:LITTLEWING:20181209144518j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209144523j:plain

f:id:LITTLEWING:20181209144530j:plain

まあそうなりますよねーw

この後のアリスの運命やいかに?!

・・・じゃなくて試合展開の方ですが

やはりタッグである以上、連携無視は失敗だったのか

曇天優勢の展開が続きます。

それでも終盤、ワンサイドだけは避けようと

mixiOblivion勢が頑張って逆転するんですが

最後まで抑えることは出来ずに再度逆転。

しかし、ゲソ・ブラゲでも終盤に激しい追い上げを見せ

こちらはギリギリ逆転に成功。

6-1で何とかワンサイドだけは避けた結果に。

 

個人的にはブリュンヒルデには頑張って欲しかったんですけどね。

海外の選手はそもそも情報量的に不利なので

これはしょうがないかと。

でもこれで、一度は東女のリングに上がったわけですからね。

二度目、三度目があることを願うばかりです。