広告

【リングドリーム】LOCK-UP OVERFLOW FINAL ROUND 5試合目 桜姫 VS ゴンザレス=兎山=メルヘン

f:id:LITTLEWING:20181208135113j:plain

「LOCK-UP OVERFLOW FINAL ROUND」5試合目は

メルぴょんこと、ゴンザレス=兎山=メルヘンのデビュー戦。

その相手は、東女にはちょくちょくスポット参戦している桜姫。

f:id:LITTLEWING:20181208135326j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208135331j:plain

しかしこの2人、揃って行方不明になったと

ワイドショーにまで取るあげられるほどの騒ぎに。

慌てたメルぴょんの事務所が武者修行に出ている事を発表。

ならばと、その現場をスクープしようとマスコミが動き出すものの

誰も見つけることが出来ず。

ギアナ高地とか見つけられるわけないよね!w

 

そんなわけで、地獄の特訓から生還した2人のコメントをどうぞ。

 

青コーナー ゴンザレス=兎山=メルヘン

f:id:LITTLEWING:20181208140718j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208140724j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208140729j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208140734j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208140742j:plain

元々、TVの企画で南極だろうとジャングルだろうと行くような

世間一般でいう「アイドル」とはひと味もふた味も違ったメルぴょん。

そんな彼女の「プロレスラーになりたい」というわがままから全ては始まりました。

リングに上がる以上は「プロ」として通じるレベルにまで仕上げて欲しいとのことで

最高のコーチ、ソニックによって特訓を課せられてきたわけですが・・・

人一倍根性はあるメルぴょんでも、泣きが入るほどの特訓内容だったようで(^^;;

f:id:LITTLEWING:20181208140749j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208140754j:plain

ギアナ高地での特訓には、スタッフも同行しなかったので

メルぴょんが必死こいてスマホで撮影した動画なんかも含めて

後日特番で放送されるということですが・・・

本人が一番見せたいシーンは

「今のテレビじゃ無理」だと許可が下りなかったそうでw

一体、どれほどの特訓をしたんだか・・・(^^;;

 

赤コーナー 桜姫

f:id:LITTLEWING:20181208142004j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208142011j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208142016j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208142020j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208142025j:plain

f:id:LITTLEWING:20181113210810j:plain

深見早苗としては、総合格闘技の方でそれなりに活躍しているんですが

桜姫としては、これまでスポット参戦だったこともあって

こういった大きな興行で見ることはありませんでした。

しかし、メルぴょんのデビュー戦相手として抜擢され初の大舞台に。

f:id:LITTLEWING:20181208142029j:plain

メルぴょんとともに、桜姫もギアナ高地での特訓を受けてきましたが

桜姫の場合は、格闘家スキルを封印し

プロレスラーとしての幅を広げる、といったもの。

今回は格闘家ではなく、

プロレスラーらしく、プラレスラーらしく戦いたいと宣言。
 

解説および試合

コメンテーターは、元コラボキャラという理由から校条。

f:id:LITTLEWING:20181208143050j:plain

桜姫自身が既に言っていたように、今回は格闘家スキルは封印。

飛び技などを多用していくのだと思われますが

格闘家として戦ったらそれこそ勝負にならないから

これで良い勝負になるのではないか?と。

f:id:LITTLEWING:20181208143411j:plain

f:id:LITTLEWING:20181208143416j:plain

とはいえ、メルぴょんも蹴りに関しては

上にも通用するレベルの威力とのことで

それが決まるかどうかが勝負の鍵になりそう。

ともかく、メルぴょんとしては

いい試合をしようとか盛り上げようとかは考えず

がむしゃらに行けばいいと、校条からのアドバイス

 

だったんですが・・・試合は最初から桜姫のペースに。

格闘技スキルを封印しているとはいえ、

プロレスラーとしては桜姫の方が先輩なので当然といえば当然の流れ。

なんかアレよね。

新人が先輩に向かってビンタを連発するんだけど

先輩のビンタ一発で返されるみたいな、

実際のプロレスで見かけるシーンを連想しました。

しかし、勝ち負けはさておき、

ここで一矢報いてこその「期待の」新人。

最後の最後に渾身の蹴りが綺麗に入ったとでも思えるような

ラストスパートを見せてニコ、ハンゲを逆転。

その結果・・・

f:id:LITTLEWING:20181209134200j:plain

5-2で桜姫の勝利。

しかし意外にも、トータルptの差は200万なかったんですよね。

というのも、終盤に逆転したのは2PFだけでしたが

それ以外の3PFも差を詰めてきていたのです。

7-0ワンサイドで終わるものかと思いきや

意外と良い試合になったなーというのが正直な感想。

 

あとはまあ、今後の活躍をどちらにも期待したいところですね。

桜姫にはもっと頻繁に東女のリングに上がって欲しいし、

メルぴょんは・・・TVの企画が終了したらどうするのかが心配ですが

出来れば、月星のようにこちらに専念して欲しいですね。