広告

【リングドリーム】再びギアナ高地へ

f:id:LITTLEWING:20181124140723j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124140734j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124140739j:plain

というわけで、やって来ましたギアナ高地

前回、メアリがここを訪れた時は

ヤンドラ杯優勝決定戦に向けての特訓のためで

成田と2人ででしたが、今回はソニックが同行。

というか、実はソニックもここで修行をしたことがあり、

今回でなんと5度目なんだとか。

ソニック曰く、3度目で明鏡止水の心を会得したそうですが

f:id:LITTLEWING:20181124141429j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124141434j:plain

そういえば、前回メアリが訪れた際にも

明鏡止水の心を手に入れる!って言ってましたねw

ただ、今回の主目的はメアリの特訓ではなく・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20181124141642j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124141646j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124141655j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124141701j:plain

デビュー戦が決まった兎山と、

そのデビュー戦の相手を務める桜姫、2人の特訓がメイン。

本来は、タッグタイトルマッチに向けての最終調整のつもりだったのが

その試合が1月に延期。

しかし、既にギアナ高地へ行くための準備などした後だったため

だったら・・・という流れ。

本来、兎山の面倒は兎角とあかりがみていたのだけれど

先日の挑戦者決定戦でSHIROKAGEに完敗したことで

飯田の力になってあげられなかったと、

自分の事に関しては簡単にはめげないあかりも

仲間の事に関すると案外モロいところがあるようで

珍しくへこんでいる様子だったため

そんなあかりの負担を軽くしようと考えた結果このような形に。

 

ともあれ、せっかくこんなところまで連れてきたのだから

ソニックも協力して

兎山は力を引き出せるだけ引き出す方向で、

桜姫は格闘家スキルをあえて封印することで

幅を広げる方向で鍛えることに。

f:id:LITTLEWING:20181124143629j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124143636j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124143641j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124143646j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124143715j:plain

なお、カメラは入りませんので

芸能人としての兎山的にはおいしい面はなにもありませんw

スマホで録画するのは許可されましたが)

 

こうして始まったギアナ高地での修行。

こういう事には慣れていない2人は、夜には即就寝。

そして、メアリとソニックだけになったところで

2人を連れてきた事について改めて話すことに。

あかりのことを心配して・・・とのことでしたが

それだったら、吉井やジャスティスに任せれば良かったはず。

それをしなかったのは、メアリが自分で何かをしたかったから。

f:id:LITTLEWING:20181124144409j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124144418j:plain

「二人を信じて待つ」

そう言ったメアリの言葉に応えることが出来なかった事に対して

「約束、守れませんでした」と謝る飯田。

それでとっさに

「大丈夫、仇はとってやる」

と返したんですが、

後々考えると本当にその言葉で良かったのか?と悩むことに。

対等の立場で戦えるよう努力していた飯田に対して

上から目線的な言い方ではなかったか?と。

 

そんなこともあって、

飯田のため、あかりのため、サンモニのためと

あれこれ考えても結論は出ないまま

このような行動を取っていた、というわけで。

そんなメアリの悩みに対して、ソニックの回答はいたって単純。

一度口に出した言葉は取り消せないのだから

言った通り、仇を討ってやればいい。

上から目線でもおかしくないよう、実際に偉くなればいい。

f:id:LITTLEWING:20181124164208j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124164217j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124164225j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124164230j:plain

そして、スーパーヒロインとして

メアリと戦いたいという飯田の「夢」を守ってあげればいい、と。

そのためには、次の防衛戦はもちろんのこと

f:id:LITTLEWING:20181124164438j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124164446j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124164451j:plain

f:id:LITTLEWING:20181124164456j:plain

シングルプレイヤーとしてのメアリ・ノートンの戦いも考えるべきだと。

 

思ってた以上に、本人以外に影響を与えている飯田の敗北ですが

メアリの成長フラグまでも立ちましたか。

ゲーム中でのヤンドラ杯経験者の中には、

メアリ以外にもタッグでは上を狙える選手が何人かいます。

とはいえ、シングルではまだまだというのが今の評価ではないでしょうか。

そこへメアリが挑む日が近づいた・・・ときけば

6年の時の流れというのを実感せずにはいられません。

もちろん、それで即結果が出せるとは限らないですけど

それでもこう・・・期待したくなる何かがありますよね。