広告

【リングドリーム】LOCK-UP OVERFLOW 4th ROUND 6試合目 円陣光子 VS ヴァンプ鈴森

f:id:LITTLEWING:20181107213830j:plain

「LOCK-UP OVERFLOW 4th ROUND」6試合目も女神杯の準決勝。

しかし、リングに上がるのはどちらもFWWWの選手!

円陣光子とヴァンプ鈴森、

レジスタンスのエースと魔王の初対決が東女のリングにて実現!!

 

青コーナー ヴァンプ鈴森

f:id:LITTLEWING:20181107214107j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107214229j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107214240j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107214246j:plain

で、さっそくこの初対決カードについて触れるヴァンプ。

まあ、FWWW的にはもったいないですよねホントw

とはいえ、これは意図して組まれたわけではなく

お互いが勝ち進んできた結果。

ヴァンプに言わせるなら

「私たちが強いから生き残ってしまった」

ので、これはしょうがないと。

それならば、FWWWの強者同士の戦いを

東女の観客に見せてあげようじゃないかと。

f:id:LITTLEWING:20181107214738j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107214747j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107214752j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107214802j:plain

そして「強者同士の戦い」といった以上

円陣にも半端な試合は許さないと、思わぬ形で発破をかけられます。

 

赤コーナー 円陣光子

f:id:LITTLEWING:20181107215943j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107215949j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107215955j:plain

ここまでは、紅蓮、加藤、シュバルツと

円陣にとっては「未知の強豪」を撃破してきました。

その甲斐もあってか、度胸がついてきたと自ら実感するほどに。

しかし・・・今回の相手は既知の強豪。

むしろ、知りすぎているために緊張するほどの相手。

いつもの円陣らしく、弱音を吐きたいところなんですが

これは天の采配なんだと

f:id:LITTLEWING:20181107220734j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107220740j:plain

「魔王を倒すなら未だ」と運命が囁いているのだと

円陣にしては珍しく前向きな解釈を。

f:id:LITTLEWING:20181107220745j:plain

・・・前向き?(^^;;

まあ、たとえ空耳であろうとも覚悟を決めるだけと

今回も全力で回ることを宣言。

f:id:LITTLEWING:20181107220949j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107220954j:plain

そしていつもの決め台詞で〆。

 

解説および試合

コメンテーターは、1回戦に円陣と対戦した紅蓮なんですが

前振りでのあまりの煽りっぷりに及び腰に。

f:id:LITTLEWING:20181107221144j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107221151j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107221156j:plain

  

 

 

f:id:LITTLEWING:20181107221342j:plain

f:id:LITTLEWING:20181107221351j:plain

何事もなかったかのように話を進める紅蓮さんマジカワイイw

それはさておき、紅蓮の予想は円陣勝利と。

もちろん、下馬評ではヴァンプ有利と見られているのは承知。

ただ、現状のFWWWがヴァンプ、雪女の二強体制といわれているけど

それは昔からそうだったわけじゃない、

雪女がヴァンプに勝つ前は二強ではなく一強といわれていたはず。

何が言いたいかというと、評価なんて次第に変わっていくものだと。

実際、今のレジスタンスは円陣、岸田ともに勢いがあり、

円陣の強さを実際に肌で感じた紅蓮としては

円陣勝利の可能性を見出したようで。

もちろん・・・願望が入っている事も認めましたけど。

 

しかし・・・やはり魔王は強大でした。

序盤は円陣も多少食らい付いていくものの

中盤に入る頃には7-0展開に。

ここからずっと変化なしで終盤まで行ったので

このまま7-0で決まりか・・・と思いきや

最後の最後で渾身の回転を見せます! 

結果、試合終了直前にヤバゲ、ニコをひっくり返しての5-2。

試合そのものをひっくり返すまでには至りませんでしたが

レジスタンスのエースとして意地を見せることは出来たんじゃないでしょうか。

 

ともあれこれで、女神杯の参加選手も2人にまで絞られました。

勝戦は滝沢泉 VS ヴァンプ鈴森!

東女の職人 VS FWWWの魔王の対決となったわけですが

果たして・・・最強の名を手にするのはどちらか?