広告

キン肉マン64巻

 

キン肉マン 64 (ジャンプコミックス)

キン肉マン 64 (ジャンプコミックス)

 

 正義超人軍VSオメガ・ケンタウリの六鎗客の戦いも

あとはウルフマンVSルナイトを残すのみに。

前巻では、スプリングマンのデビル・トムボーイを彷彿とさせる

ウォルフガングスパイラルに苦しめられるも

力尽くで脱出に成功するウルフマン。

カレクックが最後まであえて出さなかった

友情パワーによる発光現象を見せるウルフマンですが・・・

 

ルービックキューブ張り手からの合掌捻りで一気にとどめかと思いきや

ルナイトまでもが謎の発光現象。

そこから更に、掟破りの合掌捻りでウルフマンの方がダウン!

しかし、カレクック達の幻に励まされたウルフマン、

再び友情パワー全開!

ルナイトのもろ差しを切ってからの新技!

その名も

不知火・雲竜投げ!

マッスル・インフェルノみたく相手の背中に乗った形で相手の両手をつかみ、

そのままマットに叩きつける技・・・で伝わりますかね?

え?投げ?

ええ、投げてないですねw

ともあれ、これで何とか全敗を免れた正義超人軍。

いよいよキン肉マンの出番!

・・・かと思いきや、そこに割り込んできたのが

運命の王子達!

ただしソルジャーはのぞく。

オメガ・ケンタウリの六鎗客の目的やその過去など

全て知っている風の王子達。

結局、フェニックスの口車に乗せられる形で

オメガ・ケンタウリの六鎗客VS運命の王子達+キン肉マン

というシングルマッチ5カードが成立!

 

といった感じの64巻。

気になるのは、運命の王子達が出てこざるを得なくなった理由。

そして、オメガマン・アリステラの目的の一つが

キン肉マンの何か、ということ。

でもこれ、話の流れ的には

メガマン・アリステラとキン肉マンが最後にやり合うと考えると

フェニックスは負けちゃうんですかね?

負ける姿があまりイメージできないんですけど(^^ゞ

 

あと・・・ソルジャーは?w