広告

【リングドリーム】対等な友人

f:id:LITTLEWING:20181008134208j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008134214j:plain

女神杯での組長の勝利に喜びを隠せない石狩ですが

幌多はなぜか曇った表情?

 

f:id:LITTLEWING:20181008134458j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008134503j:plain

幌多だって、同じ滝沢組。

組長の勝利が嬉しくないわけはないのですが

さすがに同じ話を7度も聞かされてはうんざりしても仕方ないかと(^^;;

 

ちなみに、そんな石狩の語りからわかった見どころとしては

3:16 フランケンシュタイナーで投げられたと思われた滝沢が
投げられながらもヒールホールド
5:22 場外に落ちたソニックに向かって
コーナーポストからのぶっつけ本番トペ・コンヒーロ
8:40 滝沢の脇固めを前宙で回避し、足を搦めての腕十字

といった感じ。

滝沢が飛び技を、ソニックが関節技を使っているあたり

お互いがお互いを意識してるのが手に取るようにわかって

石狩がここまで熱くなるのもわからなくはないです。

f:id:LITTLEWING:20181008134957j:plain

そんな石狩、まだまだ語り足りないと

次は一箭を相手に語ろうとしますが

あの人真面目だから、何ループでも付き合ってくれそうで不憫と

幌多からストップがかかり、結局赤城相手で済まそうということに。

 

それはともかく、これだけ周りが盛り上がっているので

明日には祝勝会が行われることに。

これが今日でなかったのは、組長に予定があったからなんですが

f:id:LITTLEWING:20181008135403j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008135408j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008135412j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008135417j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008135424j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008135429j:plain

石狩の考え無しの言葉に、かなり真剣に叱る幌多。

でも、これが組長の耳に入ったら叱るどころじゃ済まない内容なので

さすがに本気で反省する石狩。

組長にとって、「弟子」といわれる存在は数多くいるけれど

対等な「友人」は実はほとんどいませんからね。

それだけに、ソニックは特別な存在なのだと。

 

そんな話をしているうちに

f:id:LITTLEWING:20181008140047j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008140052j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008140058j:plain

自分達のようだという石狩に対してそれを完全否定する幌多w

幌多からしてみれば、石狩は「手のかかる弟」という認識らしいですが

まあ少なくとも「対等」ではないですよねw

 

一方、「対等」な友人であるソニックと滝沢はというと・・・

f:id:LITTLEWING:20181008140903j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008140909j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008140915j:plain

前王者から新王者へ、新しい衣装をプレゼントする話を。

それはまあいい、いいんですが・・・

コースA:今の衣装に外連味を追加したもの

コースB:昔に戻ってポリス風味に。更にお色気マシマシ

コースC:ウェルカム、ニュー・スーパーヒロイン!

f:id:LITTLEWING:20181008141226j:plain

f:id:LITTLEWING:20181008141232j:plain

まあそうなりますよねー。

っていうか、ポリスはもう勘弁してやってくださいw

あと・・・コースD:トナカイの正統進化がないですが(あるわけがないw

ともあれ、ソニックが作る新衣装、どんなものが出来上がるのか楽しみですね。

準決勝には披露出来るんでしょうか?