広告

【リングドリーム】小天狗舞々 試練の三番勝負 二番目 VS山崎フランケン

f:id:LITTLEWING:20180908213233p:plain

今回のスペシャルワンマッチは

「小天狗舞々 試練の三番勝負」の二番目。

山崎フランケンに挑みます!

 

f:id:LITTLEWING:20180908213406j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908213410j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908213421j:plain

前回の試合で、青鬼は一応先輩としての面目は保ったものの

それでも割とギリギリだったのだから

山崎にも気合いを入れるように、という話をしているんですが

青鬼としてはギリギリ扱いされるのは不満なようで

あれは舞々にも見せ場を作ってあげてただけだとか

全部私の掌の上だったとか言い出します。

f:id:LITTLEWING:20180908213832j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908213837j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908213841j:plain

だったら、もう一度やっても楽勝ですよね?とふってみたところ

さすがに観念して、後半はマジで追い込まれていたことを告白。

f:id:LITTLEWING:20180908213947j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908213952j:plain

本来、この手の「試練の〇番勝負」的なものは

上の人への挑戦が主になるので、全敗も十分にあり得る企画。

しかし、小天狗の実力を考慮すると

残り2試合を連勝する可能性もあり得ると青鬼は予想。

f:id:LITTLEWING:20180908213956j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908214008j:plain

まあ、青鬼は既に勝利して面目を保ったから気楽なんでしょうが

これから戦う山崎としてはたまったもんじゃありませんw

「負けたらなぐさめてあげる」との青鬼の言葉に

負けたくないという気持ちが強まります。

 

一方、小天狗の方はというと・・・

f:id:LITTLEWING:20180908214816j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908214821j:plain

今回セコンドについてくれているヘカトン、茉理の両名に勝利を約束。

 

f:id:LITTLEWING:20180908214827j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908214831j:plain

したところで、茉理からユニットを組んで欲しいとのお願いが。

もちろん、茉理は既に鈴木との「リトルトン」があるんですが

こちらは勝ちが狙えないので、

かけもちという形になるけど雪女には了承を得ているから、と。

f:id:LITTLEWING:20180908215204j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908215211j:plain

すると、そこにヘカトンも加わりたいと話はトントン拍子に。

f:id:LITTLEWING:20180908215300j:plain

f:id:LITTLEWING:20180908215305j:plain

確かに、ヤンドラ杯への参加資格がなくなった以上、

今後の活動というのが気にはなっていたところなので

そこでの新ユニットというのは十分にアリなのではないでしょうか。

せっかく好成績を収めたのだから、

何もしないで埋もれてしまったら勿体ないですもんね。

 

といっても、それはあくまでも三番勝負が済んでからの話。

今回の山崎との試合はというと、大きな差にはならないものの

全体的に小天狗優勢の展開が続きます。

7-0の時間帯もあれば5-2になることも。

先ほども述べたように、大きな差ではないため

山崎にも十分チャンスがあったんですが

その差を全てひっくり返すまでには至らず

結果、6-1で小天狗が勝利。

試練の三番勝負、ようやく初白星を挙げることに成功しました。

f:id:LITTLEWING:20180913211109p:plain

 

これで残るは赤鬼との勝負のみに。

そこも勝てば2勝1敗と勝ち越しになり、

今後のナイトメア内の序列にも影響を及ぼしそうなだけに

小天狗としては是非とも勝ちたいところですが

序列的な話をするなら、赤鬼は何としても食い止めたいでしょうからね。

果たして、三番勝負最後の戦いはどちらに軍配が上がるのか?