広告

【リングドリーム】小天狗舞々 試練の三番勝負 一番目 VS青鬼ひとみ

f:id:LITTLEWING:20180831221354j:plain

女神杯二回戦も無事終わり、

「LOCK-UP OVERFLOW 2nd ROUND」もいよいよ最後の試合。

そんな最後に待ち構えていたのは

「小天狗舞々 試練の三番勝負」!

消化試合かと思っていたらとんでもなかった!

 

f:id:LITTLEWING:20180831221613j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831221619j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831221623j:plain

ヤンドラ杯準優勝のご褒美を何かもらえる、という話を以前していましたが

それがついに決まりました。

それが「小天狗舞々 試練の三番勝負」。

私がプロレス見ていた時代でいうと

秋山準 試練の七番勝負」あたりを思い出しますかね。

更に昔でいうなら、飛龍十番勝負とか猛虎七番勝負とか

実際のプロレスでもこの手の試練はあったわけです。

f:id:LITTLEWING:20180831222731j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831222736j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831222740j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831222745j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831222753j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831222757j:plain

そして、今回小天狗に課せられたのは

ナイトメア内でのいわゆる査定試合

この結果次第では、雪女、聖光院に次ぐ

ナンバー3にまで昇格する可能性もあるというのだから

それはもうやる気にならないわけがありません。

f:id:LITTLEWING:20180831222948j:plain

とはいえ、その対戦相手に指名された方だって

簡単にやられるつもりはないですからね。

f:id:LITTLEWING:20180831223042j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831223047j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831223054j:plain

f:id:LITTLEWING:20180831223058j:plain

特に、今回の相手である青鬼さんなんかは

試合前から笑顔で挑発しまくってますからね(^^;;

 

そんな両者の戦いですが、

やはりここはキャリアの差を見せつける形で青鬼がリード。

立ち上がりは多少乱れたものの

落ち着いてからは7-0もしくは6-1と安定した試合運び。

しかし、終盤それを小天狗が崩しにかかります。

トータルも含めて5-2と逆転に成功。

・・・したんですが、残念ながら長続きはせず再度青鬼が逆転。

とはいえ、どこも僅差のところが多かったため

どちらが勝ってもおかしくない展開。

そんな試合を最後に制したのは・・・

f:id:LITTLEWING:20180902212039j:plain

5-2で青鬼でした。

ただ、見ての通りどのPFもかなりの僅差で

小天狗が勝てる可能性も十分にあったんですよね。

今回は、残念ながらそのもう一歩が届きませんでしたが

この勢いなら残り2人を喰っても不思議はない・・・かも?