広告

【リングドリーム】LOCK-UP OVERFLOW 2nd ROUND 8試合目 あかり VS ヴァンプ鈴森

f:id:LITTLEWING:20180829222837j:plain

女神杯二回戦、第7試合はあかり VS ヴァンプ鈴森。

ヴァンプの東女時代にも、

そして、あかりがFWWWの興行に参戦した時にも

これといった接点がなかった両者なんですが

今回、意外なところに接点が?

 

青コーナー ヴァンプ鈴森

f:id:LITTLEWING:20180829223741j:plain

f:id:LITTLEWING:20180829223746j:plain

そう。今回の対決、「魔王」対「魔法少女」なんですよねw

魔王の進行を妨げようとする魔法少女

なるほど「運命の神も洒落た事をする」などと

ヴァンプが言うのもわかります。

が、

f:id:LITTLEWING:20180829224011j:plain

f:id:LITTLEWING:20180829224018j:plain

ヴァンプの「夜の」魔王に対し、

あかりは 「さいたまの」魔法少女というのに今更ながら不満を漏らします。

さいたま自身に文句があるわけではないんですが

比較するとやっぱりどうなのよ?と。

f:id:LITTLEWING:20180829224420j:plain

f:id:LITTLEWING:20180829224428j:plain

f:id:LITTLEWING:20180829224432j:plain

とはいえ、その「さいたまの魔法少女」が

一回戦を勝ち上がってきたのは紛れもない事実。

魔王の前に立つ資格ありとみなし、

その力を堪能した上で屠ってみせると豪語。

 

赤コーナー あかり

f:id:LITTLEWING:20180829224705j:plain

f:id:LITTLEWING:20180829224710j:plain

突然何のことかとお思いでしょうが、

あかりが一回戦で当たった山口が「魔王の娘」で

ヴァンプが「魔王」なもんだから

実は2人は親子だった?!なんてとんでも理論にw

もちろんそんな設定はどこにもなく、魔王でも別系統なんだろうという結論に。

それはともかくとして、さいたまの事であれこれ言われたら

黙っていられないのがあかりさん。

f:id:LITTLEWING:20180829224957j:plain

f:id:LITTLEWING:20180829225005j:plain

f:id:LITTLEWING:20180829225010j:plain

さ い た ま の 法 則 が 乱 れ る!

f:id:LITTLEWING:20180829225145j:plain

更には夢の国まで引き合いに・・・って、それ以上はいけないw

f:id:LITTLEWING:20180829225220j:plain

f:id:LITTLEWING:20180829225224j:plain

ともあれ、そんなさいたまの魔法少女なんだから

魔王にだって負けはしないということで

さいたまに伝わる物理魔法でぶちのめすことを宣言するあかり。

 

解説および試合

コメンテーターはソニックナイト。

f:id:LITTLEWING:20180830210429j:plain

f:id:LITTLEWING:20180830210434j:plain

一回戦であかりは山口に勝利していること、

そして何よりも相手が外敵であることもあるでしょう。

ソニックナイトはあかりに頑張って欲しいと言うのですが

やはり苦戦は免れないだろうとの見解。

f:id:LITTLEWING:20180830210656j:plain

f:id:LITTLEWING:20180830210702j:plain

f:id:LITTLEWING:20180830210706j:plain

東女時代とは違い、既に完成した感のあるヴァンプ。

受け身のうまさとタフネスさを生かし、

相手の技を受けきってから一気に仕留めるスタイルは

なるほど「神崎直系」だと納得させられます。

f:id:LITTLEWING:20180830211043j:plain

f:id:LITTLEWING:20180830211047j:plain

もちろん、あかりの物理魔法も相当なものだし

それで山口を撃破している事からも

ヴァンプにだって十分に通用するはず。

しかし、先述の通りヴァンプには

一気に逆転するだけのパワーがあります。

相手の蹴り脚を強引に捉え、

そこから無理矢理抱え上げて力任せにドーン!

なんてのはそれこそよく見るシーン。

あかりとしては、ヴァンプが受けきることが出来ないほどの

物理魔法をぶちかませるかどうかが勝負の分かれ目になるかと思われましたが

試合は序盤からヴァンプのペース。

 mixiが抜きつ抜かれつの攻防を繰り広げるものの

それ以外は時間経過と共に差が開く一方。

結局、mixiに関しては後半になってあかり優勢で安定しますが

それが精一杯。

6-1でヴァンプ勝利となりました。

 

あと一歩、というところまで攻めさせておいて一気に逆転!

みたいなヴァンプのお決まりのパターンについて

ソニックナイトが話をしてましたけど、

f:id:LITTLEWING:20180901003818j:plain

f:id:LITTLEWING:20180901003823j:plain

終盤、ロープに振ってから土手っ腹へのマジカルニーをヴァンプは耐えきり

そのままあかりの足をつかまえての力任せのフィッシャーマン!

なんてシーンが今回も。

決まったと思った直後だっただけに

あかりの精神的ダメージは相当のものだったようで。

 

しかしこれであかりとしては

ヴァンプ、雪女のFWWW二枚看板に歯が立たなかった、

という結果になってしまっただけに悔しいでしょうね。

※ちなみに、東女の選手でヴァンプ、雪女の両方と7連戦形式でシングルを行っているのはあかりだけ

これをきっかけに、FWWWにちょっかいかけてくれたりすると

それはそれで面白いんですけどねー。