広告

【リングドリーム】LOCK-UP OVERFLOW 2nd ROUND 3試合目 滝沢泉 VS 南城蛍

f:id:LITTLEWING:20180824215543j:plain

女神杯二回戦、2試合目は滝沢泉 VS 南城蛍。

一回戦ではFWWWからの刺客、ブレイブ勇子を降して勝ち上がってきた滝沢。

そんな勇子がデビューする直前に手を貸していたのが南城だったこともあり

南城にとっては仇討ち的な意味もある今回の試合ですが果たして・・・。

 

青コーナー 南城蛍

f:id:LITTLEWING:20180824220201j:plain

南城はシードだったため、これが女神杯最初の試合となるわけですが

抽選でのシードは前にも話していたように

あまり歓迎はしていないようで・・・。

f:id:LITTLEWING:20180824220423j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824220502j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824220508j:plain

しかし、対戦相手に関しては、むしろ恵まれたと喜ぶ南城。

もちろん、降しやすい相手という意味では無く

倒しがいのある相手、という意味でです。

それでも、口の悪い南城からすれば

そんな相手でも「粗大ゴミ」扱いなのですが・・・(^^;;

f:id:LITTLEWING:20180824220713j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824220718j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824220723j:plain

そんな、相手がどうこうということとは別に

この試合から4連続(南城、菊池、友野、ルシフェル)で凶獣が登場。

そのトップバッターということもあって

まずは自分が勝利して、続く3人に勢いを付けたい。

そんな想いもあり、全力での粗大ゴミ解体を宣言します。

 

赤コーナー 滝沢泉

f:id:LITTLEWING:20180824221025j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824221031j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824221038j:plain

南城的には褒め言葉なんだというのはわかりますけど

それでもゴミ扱いされているのだから素直には喜べないですよね(^^;;

しかし、滝沢はその「粗大ゴミ」に思うところがあったようで。

元々滝沢は、タンス職人の娘。

まだまだ十分に使えるような家具が無造作に捨てられていたりすると

「まだ使えるのに」

「役に立つのに」

そんな無念の声が聞こえるような気がするのだとか。

f:id:LITTLEWING:20180824221832j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824221838j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824221918j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824221924j:plain

だから

「今日の私は、あの時見たゴミ達となることとしよう」

って意味が分からないけど

きっとこういうことですね!(そうじゃない

 

解説および試合

コメンテーターは岩田なんですが

f:id:LITTLEWING:20180825093156j:plain

そう言いたくなる気持ちはわかりますw

なんで女神杯で粗大ゴミの話してんのよね(^^;;

それはともあれ、試合予想については正直南城は厳しいだろうと。

地力では滝沢が上回っているだろうし

相性的にも悪いからと。

f:id:LITTLEWING:20180825093420j:plain

f:id:LITTLEWING:20180825093425j:plain

打撃をキャッチしてから

その腕や脚をサブミッションで極めていく感じなんですかね?

確かにそうなると、パラメータ的には投げが不得意そうな南城、

近・中距離で場を支配されてしまいそうなので

なるほど相性的にはかなり悪そう。

 

そしてそんな岩田の予想通り、試合は滝沢ワンサイドの展開に。

そして残念ながら、南城の見せ場は一度も無く

最初から最後まで7-0ワンサイドで決着。

トータルptでほぼダブルスコアがつくという

想像以上の大差となってしまいました。

やはり、粗大ゴミ発言がまずかったのでは?

なんて声も多々見られましたが

南城の口の悪さは今回に始まったことではないので

(もちろんこの要因を全否定はしませんが)

個人的には、ソニックVS滝沢をちらつかせられたのが大きかったかなぁと。

やっぱり見てみたいですもん、このタイトルマッチ。