広告

【リングドリーム】LOCK-UP OVERFLOW 2nd ROUND 2試合目 メトロン赤井 VS ソニックキャット

f:id:LITTLEWING:20180823221229j:plain

さて、ここからはいよいよ女神杯二回戦。

その最初の試合に現TWP無差別級王者、ソニックキャットが登場!

大会前から宣言していた通り

ソニックの試合には毎回ベルトが賭けられるため

この試合は女神杯二回戦であると同時に

TWP無差別級選手権試合でもあります。

そんな王者に挑むのは・・・

最近はソニックファミリーと行動を共にしているメトロン赤井。

ここでソニックに勝利することで恩返しを果たせるか?

 

青コーナー ソニックキャット

f:id:LITTLEWING:20180823223227j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823223232j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823223237j:plain

女神杯の発端となったソニックがようやく登場したわけですが

その相手として勝ち上がってきたのは、

ソニックにとっては最も新しい弟子にあたる赤井。

元々、遊撃隊としてのキャリアがあったとはいえ驚きを隠せない様子。

もちろん、組み合わせに恵まれたという声があるのも事実。

しかし、女神杯に出場する権利を得たのは間違いなく赤井の力。

一回戦を勝ち上がったのだってそう。

f:id:LITTLEWING:20180823223853j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823223859j:plain

だから、あくまでも対等の敵として赤井を認め、

全力で相手になることを約束。

そして、以前から宣言していた通り

ベルトを賭けることも改めて約束。

f:id:LITTLEWING:20180823224113j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823224119j:plain

新弟子に「ベルト」と「師匠越え」、

二つの勲章をちらつかせつつも

世の中そんなに甘くはないことを思い知らせるつもりのソニック

 

赤コーナー メトロン赤井

f:id:LITTLEWING:20180823224252j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823224258j:plain

しかし、当の赤井はというと

レスラー人生の中で一番緊張している

というほどの状態に。

もちろん、ソニックと戦う事を目標としていたのだから

今の状況は十分把握してはいるのですが

いざ現実のものとなってみたら

気持ちの方がついてこない、みたいな感じなのでしょうか?

f:id:LITTLEWING:20180823224612j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823224619j:plain

ただ、試合に関しては

正直勝ち目は薄い

奇跡でも起きなきゃ勝てない

などと弱気な発言・・・なんですが、

それを言ったら、今のこの状況が既に奇跡なんだと。

 

実際、2年前の自分に

ソニックさんの弟子になって

 最強を決める大会でベルトを競うようになる」

なんて言ったら、信じてもらえないどころか

ついに心をやってしまったのかと思われてしまうだろうと。

今の状況はそのくらいのものなんだと。

 

だったら・・・

もう一つくらい、奇跡が起きてもいいわよね?

 

f:id:LITTLEWING:20180823225059j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823225104j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823225109j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823225113j:plain

試合後には、正式にソニックファミリー入りすることも決まっている赤井。

これだけ奇跡のバーゲンセール状態なんだから

どうせなら・・・最大の奇跡を。

赤井、ソニックへの恩返し為るか?

 

解説および試合

コメンテーターはえり子。

赤井の特訓に付き合っていたこともあって

頑張って欲しいとは思うのだけれど

普段は割と隙の多いソニック

こういう試合の時は厳しく攻めてくるから

赤井としてはやはり厳しいのではと。

その理由の一つとして、ソニックと赤井は同タイプだというのですが

f:id:LITTLEWING:20180824212643j:plain

f:id:LITTLEWING:20180824212648j:plain

赤井は「肉のついたソニック」だと、

捉え方によってはずいぶん酷いコメントをするえり子w

もちろん、悪意があってのものではないです。

まず、赤井の身体の動かし方がソニックに似ているということ。

ただ、ソニックよりも纏っている肉が多い分

どうしてもソニックよりもワンテンポ遅れてしまうのだとか。

手の取り合いだとか、そういった接近戦であれば赤井にも可能性があるけれど

離れた勝負になったらおそらく勝ち目はないだろうと。

ただ、ソニックだって接近戦が弱いわけではないですからね。

この、えり子が赤井に授けた策がうまくハマってくれるのか?

 

しかし、試合はやはりソニックのペースに。

ゲソてんの赤井勢が奮闘しているおかげで7-0にはならないものの

それでも6-1が試合の半分くらいを占める状態。

そこから更に、ニコやハンゲを度々ひっくり返しはするのですが

 ヤバゲの戦力差がどうにもならなかった。

最終的にはヤバゲだけで約2500万開きましたからね・・・。

とはいえ、赤井も最後に意地を見せて

ハンゲをギリギリものにして5-2で決着。

 

さすがに師匠の壁はまだまだ高かったようですが

これで今後は原田と共に正式なソニックファミリーに。

彼女達の更なる活躍に期待したいところ。