広告

【リングドリーム】LOCK-UP OVERFLOW 2nd ROUND 1試合目 卯月メイ VS 潤井ヘルトルーデ

f:id:LITTLEWING:20180822215356j:plain

女神杯二回戦を含めた10連戦イベント

「LOCK-UP OVERFLOW 2nd ROUND」がやってまいりました。

今回も、最初と最後の試合だけは女神杯とは関係なく

残り8試合が女神杯という構成に。

そして、その1試合目は東女での新人デビュー戦。

卯月メイ VS 潤井ヘルトルーデです。

世間の話題という意味では、メイが圧倒的なんでしょうが・・・。

 

青コーナー 潤井ヘルトルーデ

f:id:LITTLEWING:20180822225618j:plain

f:id:LITTLEWING:20180822225623j:plain

f:id:LITTLEWING:20180822225628j:plain

潤井にとっても今日がデビュー戦になるのですが

世間の目はどうしてもメイの方に。

「あの」スペシャル小原の姪がデビュー!

となれば、姪の方はどんなレスラーなんだろうか?

と気になるのは致し方ないところ。

f:id:LITTLEWING:20180822225856j:plain

f:id:LITTLEWING:20180822225901j:plain

なんですが、そんなのは関係ないとバッサリ。

もちろん潤井も、最初は「小原さんの姪」として意識していた部分もあったんですが

一緒に練習している内にそういうのは気にならなくなっていき

「卯月メイ」という一人の人間なんだと思うように。

f:id:LITTLEWING:20180822225916j:plain

f:id:LITTLEWING:20180822225922j:plain

だから、この試合は小原さんの姪のデビュー戦ではなく

あくまでも卯月メイと潤井ヘルトルーデの試合なんだということを強調。

 

赤コーナー 卯月メイ

f:id:LITTLEWING:20180822230350j:plain

f:id:LITTLEWING:20180822231444j:plain

f:id:LITTLEWING:20180822231450j:plain

そんな潤井の言葉に思わず涙ぐむメイ。

えり子達がマスコミ対策してたくらいですからね。

メイ自身も、色々と思うところはあったでしょう。

なので、メイ個人を見てくれている潤井の言葉に素直に喜ぶのですが

それでも、完全に無関係というのはさすがに通らないというメイ。

f:id:LITTLEWING:20180822231647j:plain

なぜなら、叔母に影響を受けているのは紛れもない事実だから。

叔母を目指して頑張ってきたのだから。

そして、自分がだらしないことをすれば

叔母にもそういう目が向けられることも自覚しているから。

f:id:LITTLEWING:20180822231706j:plain

f:id:LITTLEWING:20180822231711j:plain

f:id:LITTLEWING:20180822231717j:plain

叔母にそんな目を向けさせないよう、

無様な試合など出来ないと覚悟することが自分を強くするのだと。

果たして、そんなメイの思う通りに

実力を発揮することが出来るのか?

 

解説および試合

コメンテーターは、飯田の後継者候補?の紅葉。

 潤井とメイの言い分については

「どっちも正しい」ということでそれ以上は特に掘り下げず。

気になるのはやはり、二人がどのようなタイプのレスラーなのか?

f:id:LITTLEWING:20180823212645j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823212650j:plain

一つ上の先輩である八神、月城が

危機感を持っていたのは既に承知していましたが

入門時点で基礎がわりと出来ていたメイ。

新人とは思えないほどのスタミナを誇る彼女、

派手な技や動きといったものは見事にガン無視し

とにかく基礎。ひたすら基礎。

妖精さん、基礎が大事だよね!

受け身ひとつをとっても納得できるまで延々とやりたがる彼女、

本番でもおそらくクラシカルな

いかにも「レスリング」という感じの試合をするだろうと。

 

対して潤井の方はどうかというと

f:id:LITTLEWING:20180823214949j:plain

f:id:LITTLEWING:20180823214954j:plain

実は、サラブレッドという意味ではこちらの方が上じゃないかと。

スタミナ面では普通の新人とかわらないけれども

元格闘家である父から仕込まれた彼女。

相手を仕留める力に関しては秀でたものがあると。

しかし、普段はルチャっぽい軽快な動きをするため

メイからすれば、そのスタイルの変化について行けるかが鍵となりそう。

ただし、前述の通りスタミナ面ではメイの方がはるかに上であるため

潤井からすれば、いかに短期決戦で仕留めるかの勝負に。

 

そんな両者の戦い、序盤は下馬評通り?メイが押していきます。

7-0の時間帯はさすがに少なかったものの

結構な時間6-1だったので、このまま最後まで・・・と思いきや

試合の2/3を過ぎた辺りから潤井が反撃開始。

これが格闘技スタイルへの変化なのか?

と思わせるほどの突如の猛攻で逆に7-0まで持って行きますが

新人らしからぬスタミナを誇るといわれていただけあって

潤井の猛攻を耐えきっての再反撃。

勝負は五分五分。どっちが勝ってもおかしくはありません。

そんな勝負を制したのは・・・

f:id:LITTLEWING:20180824210145j:plain

4-3で潤井勝利!

PFごとの星数では、3-2とメイが上回っていたんですが

トータルptで上回ることが出来、初勝利をものにしました。

 

それにしてもまあ・・・メイと同期だなんて大変よねー

などと最初は思っていたものですが、潤井もなかなかどうして。

メイに負けず劣らずのものを見せてくれたんじゃないでしょうか。

どちらも今後の成長が本当に楽しみですね。