広告

【リングドリーム】女帝直下解散試合はいつ?

f:id:LITTLEWING:20180818222058j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818222104j:plain

女神杯二回戦に向けて、順調な仕上がりをみせる女帝直下の面々ですが・・・

 

f:id:LITTLEWING:20180818222154j:plain

自分の調子が良くても、相手の野々村が未知数なだけに

結構ドキドキしているという咲川。

f:id:LITTLEWING:20180818222242j:plain

姫小路の相手は菊池なので、未知数どころかわかりきってますが

f:id:LITTLEWING:20180818222334j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818222340j:plain

悲鳴を上げるか上げないかで対戦相手を計るのはやめましょうw

f:id:LITTLEWING:20180818222440j:plain

そして、シュバルツの相手はあのルシフェル

一度は完勝した相手なので

シュバルツが勝っても「やっぱり」で済まされてしまうし、

ルシフェルとしても「まあまあ調子よかったな」で終わってしまうんですが

そのルシフェルがもし勝てば一気に大注目と

シュバルツからしたらデメリットの方が大きい相手。

これがまだ、自分の後輩とかであれば

「成長してくれて嬉しい」なんて気持ちが沸くのでしょうけどね。

 

そして、合同練習の話題に。

f:id:LITTLEWING:20180818223146j:plain

シュバルツは、以前の咲川からの誘いに乗り

フラフラと合同練習をするように。

咲川的にはスパーの相手が出来て助かってるし

パートナーとなった千鶴も張り切っているのだけれど

f:id:LITTLEWING:20180818223152j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818223159j:plain

むつみはなぜかシュバルツの姿を見ると逃げ出すように。

咲川が「手加減してあげて」と言ってるところから察して

スパーで厳しくしすぎたか?

f:id:LITTLEWING:20180818223205j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818223210j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818223215j:plain

むっちゃん自業自得じゃないですかー・・・w

f:id:LITTLEWING:20180818223227j:plain

そして、その時の「かわいらしい悲鳴」に食い付く姫小路w

ブレないな、あなたも!ww

さすがに録音はしてないと聞いて、

なんとかその時の悲鳴を再現できないかと真剣に悩みだす始末(^^;;

 

そんなカンチョーの話はさておき

f:id:LITTLEWING:20180818223919j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818223925j:plain

そろそろ、女帝直下の解散について具体的に検討する時期に。

とはいえ、3人が女神杯に参加中の今は難しいところ。

かといって、二回戦で全滅すればスケジュールは空くだろうけれど

そうなったら記念試合どころじゃないと。

理想をいえば

一方は姫小路に決勝まで進んでもらい、

もう一方はシュバルツか咲川が決勝まで進み、

女帝直下同士の優勝決定戦を記念試合にする。

そして、その同日に残りの直下メンバー同士で試合を組めば

まさに「有終の美」といえるのでは?と。

f:id:LITTLEWING:20180818224411j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818224417j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818224438j:plain

そして、解散後は改めて

打倒神崎、打倒ヴァンプを目指すというシュバルツと咲川。

(ヴァンプとは女神杯で当たる可能性もありますが)

打倒神崎の1番手はヴァンプに持っていかれはしたけれど

神崎という存在はやっぱり特別だからと、

いつか自分の手で決着を付けたいというシュバルツと

それに同意する咲川。

 

しかし・・・姫小路だけは考えが違ったらしく

打倒神崎に対する想いが以前ほどあるかと言われれば微妙なのだと。

「始まりの女帝直下」であるヴァンプがその目的を果たしてくれたこと。

神崎へ挑む流れの時に勝ちを拾えなかったこと。

弟子の成長を見守るのが楽しくなってしまったこと。

そんな、いくつもの要因が重なった結果

f:id:LITTLEWING:20180818224843j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818224848j:plain

今はヴァンプと戦うことや

榎下とのタッグでベルトを獲ることの方が重要に。

 

ヴァンプが神崎を倒したことで解散することが決まった女帝直下ですが

それがなかったとしても、既に別の道を歩み始めていたのでしょう。

そんなわけで、解散後はそれぞれ別の道を進むこととなった

姫小路と咲川、シュバルツ。

f:id:LITTLEWING:20180818225639j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818225644j:plain

いつか、その道を進む上での障害として

立ち塞がる日が来るのかもしれません。

それは、喜ぶべきことなのか否かは難しいところですが

「最大の強敵」として立ち塞がってくれることを願う姫小路。

その時は、果たしてどんな形で相対することとなるのか・・・。