広告

【リングドリーム】いつもと違う組長

f:id:LITTLEWING:20180817162511j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817162516j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817162523j:plain

珍しくテンションの低い滝沢。

ソニックは夏バテかと心配するわけですが、そういうわけではなく

弟子からの応援に何やら思うところがあるようで。

 

もちろん、弟子達の応援は嬉しいし

信頼にも応えたいと思っているけれど

f:id:LITTLEWING:20180817162906j:plain

そう。

大会に向けての抱負では、「滝沢組同士の対決」と語ったわけですが

結果は片倉、一箭共に敗北。

もちろん、女神杯に出場出来ただけでも

2人の努力とその成果は認めるところ。

とはいえ

f:id:LITTLEWING:20180817163925j:plain

他の若い連中が勝ち上がっているだけに

「比較するような言い方は良くないが」と言いつつも

どうしても比べてしまうようで。

特にルシフェルなんかはディアナを倒しての進出ですからね。

ソニックが「憎いあんちくしょうだけど、やりよるな」というのもわかります。

弟子達とこの女神杯で戦いたかった滝沢としては

彼女らの敗北を責めるつもりはありません。

ただ・・・

なんでも「よくやった」で済ませていいのか?

そろそろトップにからんでいいレスラーとしてはどうなのか?

負けたからといって、私の応援をしている暇などあるのか?

そんな事を思い悩んでしまったというわけで。

 

この世界、結果が全てですからね。

「お前はよく頑張った」だけではダメなのはわかります。

ただ、努力を認めてもらえないのもそれはそれで辛いので

その辺りのバランスですよねー・・・。

 

f:id:LITTLEWING:20180817165108j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817165114j:plain

そんな思い悩んでいた滝沢。

参考までにソニックの教育方針を聴いてみるんですが

しっかりと指導するのは新人や若手の頃くらいで

あとは放任主義なんだそうな。

ソニック曰く、大事なのは「困ってる時に救いの手をのばすこと」。

それ以外の場面では、自分の意思で動いてもらわないと

「上の命令待ち人間」になってしまうから、と。

 

なるほどと、ソニックの言い分にも理解を示す滝沢。

f:id:LITTLEWING:20180817165508j:plain

だからこそ、今は叱るべき時なのか

それとも信じて見守る時なのか

なおさら悩んでしまう結果に。

 

そんな、弟子達のことで悩みが尽きない滝沢ですが

f:id:LITTLEWING:20180817175547j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817175552j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817175558j:plain

滝沢自身は、あと1つ勝ち上がればソニックとの同期対決。

滝沢らしからぬ軽口が出てしまったのは

それだけ同期との初のタイトルマッチを望んでいる故?

f:id:LITTLEWING:20180817180128j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817180134j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817180141j:plain

しかし、ソニックが負けた場合の話をすることで

滝沢としては水を差される形に。

もちろん、ソニックだって簡単に負けるつもりはないけれど

身内がいつ自身を追い越していくのか、

それを考えるのは楽しみなんだと。

滝沢としても、石狩に置き換えてみれば

なるほどソニックの言いたい事は理解します。

でも、それでも

f:id:LITTLEWING:20180817180606j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817180611j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817180616j:plain

滝沢泉にとって重要な相手は

思い入れがあるのは、同期であるソニックキャットなんだと。

結城みかと、無差別のベルトを争いたいんだと。

滝沢らしからぬ熱いラブコール。

f:id:LITTLEWING:20180817181011j:plain

そうまで言われては、ソニックも応えないわけにはいきません。

二人で絶対にベルトを争おうと約束。

f:id:LITTLEWING:20180817181154j:plain

f:id:LITTLEWING:20180817181205j:plain

ただまあ、勝負に絶対はないですからね。

滝沢、ソニック両方が勝ち上がらなければ、

この約束は実現しないのですから。

それでも、滝沢は「まかせておけ」と。

 

今回、本当に珍しい組長の一面を見せてもらったわけですが

f:id:LITTLEWING:20180817181210j:plain

やっぱりその自覚はあったんですねw

まあ、オフレコの時くらいは・・・ね?