広告

【リングドリーム】スペシャルワンマッチ 京須心美 VS 古代ウズメ【セヴンスター】

f:id:LITTLEWING:20180818144220j:plain

今回のスペシャルワンマッチはセヴンスター選手権試合。

王者、京須心美に古代ウズメが挑戦するわけですが

十両に師事する者同士の対決となります。

誰にもチャンスが回ってくるベルトとはいえ

弟子同士のタイトルマッチ、

師匠である十両はどんな気持ちでこの試合を見るのでしょうか?

 

青コーナー 古代ウズメ

f:id:LITTLEWING:20180818144931j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818144936j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818145149j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818145155j:plain

普通ならここで、ベルトへの想いとか試合への意気込みとか語るところなんですが

同門対決となると正直何を語れば良いか・・・と困った様子のウズメ。

共に、十両を師と仰ぐ姉妹弟子。

当然お互いの手の内は知り尽くしています。

普段のスパーリングとさして変わらない、

さながら日常のワンシーンといってもおかしくないこの組み合わせ。

しかし、その舞台は日常ではありません。

セヴンスター選手権試合。

いつもよりもずっと重い一戦です。

f:id:LITTLEWING:20180818145839j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818145847j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818145854j:plain

そんな一戦ですが、後から思い返して

「楽しい試合が出来たな」と

お互い笑い合えるようにしたい、

そんな同門対決らしい抱負を語るウズメ。

 

赤コーナー 京須心美

f:id:LITTLEWING:20180818163559j:plain

そして、何を語れば良いのか困る点については京須も同じのようで。

とはいえ、何も語らないというわけにはいかないので

考えた末に出した答えは・・・

f:id:LITTLEWING:20180818163723j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818163730j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818163740j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818163745j:plain

ウズメへの感謝の気持ち。

師匠である十両とウズメがいなかったら、

きっと自分達は埋もれたままだったからと。

元々は、迦楼羅、ウズメ、紅蓮の3人で活動していたweeds。

そこから迦楼羅が抜け、その穴を埋めるように京須が加わり

woodsとして活動するようになり

ウズメからの口添えもあって京須、紅蓮ともに十両の弟子に。

その当時の事を思い出すかのように

ウズメと十両に感謝の気持ちを伝えます。

f:id:LITTLEWING:20180818165811j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818165816j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818165821j:plain

そしてウズメには、言葉だけで無く

直接その気持ちを伝えたいと。

そう、気持ちを込めた渾身の蹴りで。

 

解説および試合

コメンテーターは、次の挑戦者であるさわり。

いよいよここまで回ってきたか・・・とつい思ってしまいましたが

それはこの試合には関係ないので割愛。

ただ、前述の通り今回は同門対決。

f:id:LITTLEWING:20180818170151j:plain

 互いに手の内を知り尽くしているだけに

そういう部分を含めた駆け引きが肝になってきます。

なので、第三者のチンケな分析なんか役に立たないとバッサリw

ただ、それでも勝敗の予想はといわれれば

おそらく京須が勝つであろうと。

f:id:LITTLEWING:20180818170412j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818170418j:plain

その理由が、ウズメから「自分と同類の匂いがするから」というので

だったら勝つのはウズメじゃないの?と思ったんですが

だめっこどうぶつの頃かーw

さわり曰く、京須と紅蓮は十両の元で一皮むけたけれど

ウズメはまだむけきっていないように見えると。

キャリアなりの上澄みはされているけど、逆に言えばそれだけ。

f:id:LITTLEWING:20180818170728j:plain

f:id:LITTLEWING:20180818170733j:plain

なので、ウズメが勝つためには

この試合中に一皮むける必要があるとのさわりの分析なんですが

試合の方はやはり京須が先行。

このまま優勢に試合を進める・・・かと思いきや

早々にウズメが反撃。

序盤はPFごとの星数では3-2で京須優勢も

トータルptでは僅差ながらもウズメがリードという状態に。

そして、さわりのいうように試合中に「一皮むけた」のか、

ここからウズメがジワジワと自分のペースに持ち込んでいきます。

後半には、気がつけば7-0という状態にまで。

しかし、さすがにワンサイドはさせまいと

ヤバゲの京須勢が終盤に追い上げて見せて

結果、6-1という形でウズメがセヴンスター王者に。

 

f:id:LITTLEWING:20180824010950p:plain

十両の一番弟子でありながら、

最近は紅蓮、京須に良いところを持って行かれていた感があっただけに

この戴冠は喜ばしいことなんじゃないでしょうか。

新派閥のことを考えてもね。

ただ・・・次の挑戦者が手強いなんてもんじゃないですからね(^^;;

ここを乗り越えようものなら、新派閥的には相当プラスになるでしょうけど。