広告

【リングドリーム】咲川の悩み

f:id:LITTLEWING:20180809221400j:plain

f:id:LITTLEWING:20180809221405j:plain

f:id:LITTLEWING:20180809221412j:plain

女神杯二回戦で当たることになっている

咲川と野々村が同じ興行の出場選手としてバッタリ鉢合わせ。

基本、女神杯で対戦が決まっている者同士を

同じ会場にするようなことは避けているはずなんですが

それでも絶対とはいえないし、

この2人に関しては特に因縁もないということから

問題なしと判断されたようです。

 

f:id:LITTLEWING:20180809221717j:plain

なんて事を言ってた矢先に

「だったらここで因縁作ろうか?」と誘ってくる野々村。

この辺りはやはり、ヴァンプの同期なんだなーと実感w

またもや、霧島が言っていた「困ったら乱闘」を証明する事に(^^;;

ちなみに、D&Dとナイトメアの抗争もそんなノリから始まったという、

今になって明かされる知りたくなかった事実w

 

まあ、そんな因縁をわざわざ作らなくても今の野々村は話題性十分。

野々村との対戦が決まった時点で咲川への取材も増えたというほど。

ただそれだけに

f:id:LITTLEWING:20180809222421j:plain

同じように海外修行から戻ってきた割には

あまり注目されなかった咲川としては悔しい気持ちも。

f:id:LITTLEWING:20180809222516j:plain

野々村は、インドじゃビジュアル的にしょうがないと、

手足が伸びることとか、キレッキレのダンスの事とかを例に挙げるんだけど

どう考えても間違ったインドのイメージよねそれw

f:id:LITTLEWING:20180809222727j:plain

f:id:LITTLEWING:20180809222732j:plain

f:id:LITTLEWING:20180809222737j:plain

そんなインド云々はともかく、

東女の選手ではない小原さんや

東女に長いこといなかった野々村にばかり

話題を持って行かれるというのは

東女の選手としてはやはり思うところがあるようで

こっちに目を向けさせてやると静かな闘志を燃やしているわけです。

野々村としては、そんな咲川を特に否定することもなく

華もあるし、ポテンシャルも認めてくれます。

f:id:LITTLEWING:20180809223049j:plain

f:id:LITTLEWING:20180809223058j:plain

f:id:LITTLEWING:20180809223104j:plain

(滝沢さんが既に常識を脱ぎ捨てているなんて言えない・・・w)

まあ、滝沢さんのことはともかく、

咲川は常識に囚われすぎているのでは?との野々村からの指摘。

野々村から見たら咲川が常識人枠というのは微妙なんだとか。

f:id:LITTLEWING:20180809223530j:plain

f:id:LITTLEWING:20180809223535j:plain

ただその事は、咲川自身もずっと悩んでいたことで

どうにかしたいとは思っていたようなんですが

さすがに姫小路レベルはゴメンと・・・失礼だな!w

でも、そういう意味では

かつてのラスカルもそれに当てはまるのかもしれませんね。

技巧派だったし強かったけど、「面白み」はなかったと。

もっともその結果、「悪の華」もしくは「血の華」を

咲かすようになってしまいましたけどね(^^;;

 

そんな感じで、自分のスタイルに疑問を感じている咲川。

野々村戦までにその答えは出るのか?

 

 

ちなみに、多くの方が気にしてたこの件。

f:id:LITTLEWING:20180809224414j:plain

f:id:LITTLEWING:20180809224421j:plain

f:id:LITTLEWING:20180809224427j:plain

野々村の目はほぼ治っているそうです。

今付けている眼帯も、うっすらと透ける加工がしてあるもの。

ただ、完治というわけではなくまだちょっと光に弱いということと

いつの間にかトレードマークっぽくなっているから

なんとなく外せなくなってしまっているのだとか。