広告

【リングドリーム】姫小路との合同練習

f:id:LITTLEWING:20180806200828j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806200834j:plain

以前に姫小路が言っていた「心当たり」ですが、やはり星屑でした。

ここのところ、星屑の練習に混ぜてもらっているようで

こがねの悲鳴を堪能させてもらうという姫小路。

「私の悲鳴で良ければよろこんで!」と返すこがねw

さすがにこの返答には姫小路も戸惑うわけですが(^^;;

 

別に、こがねも嬉しくて悲鳴を上げているわけではありません。

アームロック、三角締め、股割きなどなど

一つ一つの技がどれも本当にエグいんです。

でも・・・

f:id:LITTLEWING:20180806200846j:plain

そんな痛い目に遭っても、

凄い技喰らったら「ウヒョー!」ってなるというこがね。

そしてそれに同意する姫小路。

その意味においては私の同類とまで言うくらいに。

f:id:LITTLEWING:20180806200853j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806200859j:plain

ただ、客観的に見ると変態みたいだって・・・

今更言いますかそれ!w

f:id:LITTLEWING:20180806201900j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806201908j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806201914j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806202826j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806202832j:plain

しかし、そんな姫小路に

「あなたの方が変態です」と面と向かって言えてしまうこがねは本当に凄いw

相手が相手なら、ここで乱闘が始まってもおかしくないのにね(^^;;

以前、菊池相手にも物怖じしないシーンとかありましたけど

ある意味これがこがねらしさなんでしょう。

 

それはさておき、こうして星屑と練習しているのも

女神杯ではシュバルツも咲川もライバルであるからだし

やがては敵になるから・・・

そう、女帝直下の解散はもう避けられないところに。

ただ、解散後どうするかまではまだ決めていないらしく

f:id:LITTLEWING:20180806203113j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806203119j:plain

解散後の去就が決まるまでは、こうして星屑と行動を共にすることに。

これがしばらくは続くのか、

それとも案外早く決まってしまうのかはまだわかりませんが。

  

f:id:LITTLEWING:20180806203304j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806203310j:plain

その去就について、榎下は榎下で独自に動いていました。

 咲川とシュバルツが行動を共にすることから

十両は姫小路と行動を共にするものと思っていたようですが

f:id:LITTLEWING:20180806203504j:plain

今の状態の十両が姫小路と組んでも、実質姫小路派閥になってしまうため 

師匠以外の人の下に着くつもりはない京須は

榎下からの誘いを断ることに。

女帝直下解散後は、十両には後ろに控えてもらう形で

新しい派閥を作るつもりなんだとか。

そして、十両が自分達にしてくれたように弟子を取って

新しい道を開いてあげたい・・・そう考えているそうで。

f:id:LITTLEWING:20180806203941j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806203946j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806203952j:plain

しかし、まだ諦めきれない榎下。

麗に完勝したことを挙げ、ゆくゆくはマットの中心になれるとか

あれこれ誘いの言葉をかけるんですが

f:id:LITTLEWING:20180806204215j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806204224j:plain

「女神杯で優勝したら」なんてタラレバはさすがに飲めません。

なぜなら、自分達の仲間である紅蓮も二回戦から出てくるのだから。

もちろん、この面子を相手に優勝は

さすがに厳しいという事はわかっていますけどね。

それに

f:id:LITTLEWING:20180806204455j:plain

f:id:LITTLEWING:20180806204500j:plain

京須にも、榎下から獲ったセヴンスターのベルトがありますからね。

榎下としては、同じ「女帝直下の弟子」ということで

これまで行動を共にすることが多かった京須達と

これからもまた一緒にやりたい

という想いがあったのかもしれないですが

いかんせん、上から目線に見えかねない発言になってしまった感(^^;;

 

f:id:LITTLEWING:20180806205136j:plain

まあ、榎下は何かにつけて姫小路との絡み話ばかりになってしまっているので

ここらでライバルとして、互いに切磋琢磨するのもいいんじゃないでしょうか。

 

っていうか・・・いたはずなんですけどねライバル。

森近とか・・・

校条とか・・・