広告

【リングドリーム】LOCK-UP OVERFLOW 1st ROUND 4試合目 姫小路由樹 VS 麗雫

f:id:LITTLEWING:20180722134202j:plain

ヴィーナスカップ一回戦第3試合は、 姫小路由樹 VS 麗雫。

今回のトーナメントの中では最も過酷なのでは?

といわれるこのブロック。

今回勝利して、菊池とぶつかるのは果たしてどちらか?

 

青コーナー 麗雫

f:id:LITTLEWING:20180722134804j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722134809j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722134814j:plain

麗にとっては仕切り直しとなるこの一戦。

本来であれば、元王者の麗はシード権が与えられてもおかしくないのですが

ここ最近の戦績がタイトルマッチ2連敗という有様であるため

ほとんど敗者復活のような扱いでの参戦に。

そういった意味で、今の自分を「マイナス」という麗の言葉も

あながち間違いではないのでしょう。

しかし、そんな逆境も乗り越えた時に自信になるからと

むしろ逆境をすすんで受け入れるようなそぶりも。

f:id:LITTLEWING:20180722135633j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722135638j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722135644j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722135649j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722135654j:plain

そして、今回の相手は姫小路。

世代抗争中には実現しなかったこの対戦ですが

麗の復活を見定めるには相応しい相手だと評します。

麗の「時」がこの試合から再び動き出すのか

それとも未だ止まったままとなってしまうのか

 

今・・・審判の「時は来た」。

 

赤コーナー 姫小路由樹

f:id:LITTLEWING:20180722140148j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722140155j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722140159j:plain

今回は、女神杯である事を抜きにしても

どうしても勝ちたい、そう強調する姫小路。

というのも、実力的には十二分なものを持っている姫小路ですが

ここぞという大事な試合に限って落としてしまうことが

これまで何度となくあったわけで。

麗への挑戦権を賭けたヴァンプとの戦い

シングル王座初挑戦となった菊池との戦い

世代抗争を終わらせるはずだったディアナとの戦い

これらの大一番、ことごとく姫小路は負けています。

もちろん

女帝直下筆頭の座を賭けたシュバルツとの戦いのように

勝利したものもありはしますが

「大一番に弱い」というイメージは否定できない現状。

とはいえ、その負けた相手が相手だっただけに

負けても仕方が無いと言えなくもないんですが

f:id:LITTLEWING:20180722141419j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722141432j:plain

負けても「仕方ない」で済ましているうちは

今の位置から進むことは出来ない。

それでは、師である神崎はおろか

「始まりの女帝直下」として競い合ったヴァンプにも届かない。

f:id:LITTLEWING:20180722141803j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722141808j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722141813j:plain

だから今日、姫小路は「時代を作った一人」麗を倒し

今の立ち位置から一歩踏み出すことを決意します。

 

運命の門番を糧とした、大きな一歩を

 

解説および試合

コメンテーターは、このブロックのシード選手である菊池。

どちらが勝っても激戦は必至と思われますが

f:id:LITTLEWING:20180722142939j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722142944j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722142949j:plain

菊池が意識するのはやはり麗。

両者の対決は、3度目のタイトルマッチで一応の決着がつきました。

もちろん、両者がトップレスラーとして活躍する以上

いずれまたぶつかる機会はあるでしょうけど

それはすぐの事ではないし、自分から絡みにいこうとも思ってなかった菊池。

ところが組み合わせ抽選の結果、麗が1回勝てば菊池とぶつかることに。

これは確かに運命を信じそうになりますね。

f:id:LITTLEWING:20180722144027j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722144035j:plain

しかし、そんなに麗ばかり意識されては

姫小路としては当然良くは思いません。

f:id:LITTLEWING:20180722144229j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722144237j:plain

f:id:LITTLEWING:20180722144245j:plain

そんな、姫小路の不満を承知の上で

実力で私の目を向けさせてみせろと。

そうしたら全力を持って歓迎してやるからと煽ってきます。

 

そんな菊池の煽りで火が付いたのか

試合はまさかの姫小路ワンサイド。

ひたすら7-0が続く展開となります。

ニコが2倍近くの差、

更にはゲソてんに至っては約5倍ものpt差となり

あとは麗がどれだけ意地を見せられるか?という状況に。

そんな中、ヤバゲ麗勢が大奮闘。

ラスト3,4時間くらいで1000万近くの差を土壇場でひっくり返します。

そして、mixiもあとに続けてばかり肉薄するのですが・・・

f:id:LITTLEWING:20180722144450j:plain

わずかに届かず6-1で姫小路の勝利。

姫小路のpt数がアレなので大敗という結果にはなっていますけど

麗のトータルptって、片倉、赤井、勇子よりも実際多いですからね。

姫小路の台詞ではないですけど

これこそまさに「相手が悪かった」としか。

とはいえ、大一番での3連敗。麗にとっては厳しい結果に。

 

逆に、大一番での負け癖イメージを払拭して見せたのが姫小路。

この勢いで次も・・・と行きたいところですけど

次は次で菊池が相手ですからね。

厳しい戦いはまだまだ続きます。