広告

【リングドリーム】女神杯に向けたそれぞれの抱負

f:id:LITTLEWING:20180716161116j:plain

f:id:LITTLEWING:20180716161121j:plain

f:id:LITTLEWING:20180716161128j:plain

f:id:LITTLEWING:20180716161134j:plain

f:id:LITTLEWING:20180716161143j:plain

「最近目立てていない者」から優先して

女神杯前のインタビューを行っているわけですが

ここで加藤が思わぬ暴走。

自分だけがそんな優遇を受けるわけにはいかないと

残りの1回戦出場選手「みんな」に聞きに行くと言い出します。

 

というわけで、まずやって来たのが滝沢組。

f:id:LITTLEWING:20180716161455j:plain

一箭の目標は2つ。

まず1つは、姫小路へのリベンジ。

姫小路との直接対決がかなわなくても、

姫小路に勝利した相手をこの手で倒したいと。

そしてもう1つは、滝沢組同士の対決の実現。

f:id:LITTLEWING:20180716161826j:plain

「ただ目の前の戦いに集中すれば良い」と考えていた滝沢も、

ここは一箭を見習って同じく滝沢組同士の対決を目標に。

とはいえ、滝沢が最速で当たるとすれば、準々決勝の片倉。

一箭はもっと大変で、片倉か滝沢、どちらだとしても当たるのは準決勝。

その道は言うまでもなく険しいものに。

f:id:LITTLEWING:20180716162224j:plain

片倉だけは2人とは違う目標で、

2回戦で当たるソニックからベルトを奪う事。

ソニックが、自身の試合ではベルトを賭けると宣言しているため

このチャンスを逃す手はないと。

 

f:id:LITTLEWING:20180716162521j:plain

そんな片倉と1回戦で対戦する赤井も

目標は同じくソニックとの対戦。

ただし、その理由は「ソニックへの恩返し」。

ソニックに拾ってもらったおかげで、

自分はここまでになったのだと認めて欲しいのだと。

 

f:id:LITTLEWING:20180716162824j:plain

おそらく、もっとも過酷なブロックで戦う事になった姫小路の目標は

そのものずばり「優勝」。

1回戦で麗、2回戦で菊池と、元王者との連戦を強いられるだけに

そこを勝ち抜けたらもう優勝するしかないでしょうと。

ただ願わくば、その時の優勝決定戦の相手は

同じ「始まりの女帝直下」だったヴァンプであって欲しい。

「女帝打倒」という目標を唯一果たした彼女を打ち負かして優勝したいとのこと。

ただ、組み合わせ的に咲川かシュバルツの方が先に当たる可能性が高いので

もし2人のどちらかがヴァンプに勝利するのであれば

その倒した方と決勝で当たりたいとも。

f:id:LITTLEWING:20180716163419j:plain

その姫小路と当たる麗も、

このブロックで勝ち上がれたのなら優勝するしかないと姫小路と同じ事を。

ただし、決勝での相手については意識しないとのこと。

勝ち上がってきた人が「その組み合わせの中で一番強い人」なのだから。

麗が求める強さは、「相手を選ばず勝てる」そういう強さなのだと。

 

f:id:LITTLEWING:20180716164305j:plain

ディアナの夢は、いうまでもなくソニックと優勝を競う事。

ただし、そのためにはお互いが決勝戦まで勝ち上がる事が必須。

1回戦のルシフェルだって決して楽な相手ではないし

そこを勝ったとしても次の相手はシュバルツ。

そんな厳しい戦いだからこそ、目一杯満喫したい。

だから、ディアナの目標は「女神杯を楽しむ」ということに。

f:id:LITTLEWING:20180716164752j:plain

そして、そのディアナと当たるルシフェルの方は

外向けには「目標は優勝」と大きく出たいところだけど

「目標なんか考えてる余裕ない」というのが本心のようで。

というのも、1回戦のディアナに勝てたとしても問題はその次のシュバルツ。

以前、タイトルマッチで完敗しているだけに

どう挑んでいくか悩ましいところ。

なので、ルシフェルの本当の意味での目標は

シュバルツと良い勝負をすること。

 

f:id:LITTLEWING:20180716165730j:plain

 

サンモニのメンバーがヤンドラ杯を連覇したり

女神杯への切符を争った霧島がFWWWで活躍していたりと

発奮材料は何かと尽きないあかり。

そのヤンドラ杯優勝のご褒美では

メアリの時には自分がパートナーとして名乗り出る事が出来なかったので

今回の飯田のパートナーには、という思いが。

そのためにも、最低限1回戦突破が目標

まずは打倒山口!

 

そして、FWWWのメンバーに関しては

ヴァンプから繋ぎを付けてもらってこちらもインタビューに成功。

f:id:LITTLEWING:20180716171212j:plain

円陣の目標は「なるべく良い成績を残したい」、

FWWWの代表として、レジスタンスのリーダーとして

皆に恥をかかせない戦いをしたい、というごく普通のもの。

というか、1回戦で対戦する相手が加藤なのに

その本人から抱負を聞かれても正直困りますよねw

 

f:id:LITTLEWING:20180716171751j:plain

勇子の目標は「お礼参り」。

FWWW旗揚げ当時、凶獣に特訓を付き合ってもらった経緯があり

あの時鍛えてもらったからこそ、今のブレイブ勇子がある。

それを見てもらいたいのだと。

となれば、その見てもらう相手は当然2回戦で当たる南城。

1回戦の相手が滝沢なだけに簡単にはいきませんが

その目標が達成出来たなら

「鈴森さんと優勝決定戦をやりたい」

その2つが勇子の目標。

 

という感じで、2日間駆けずり回ってみんなのコメントを集めた加藤と稲荷。

あとは、多摩女の小原さんが残っていますが

それは紅葉達が翌日多摩女に顔を出すとのことでそっちへお願いしたとか。

何はともあれ、お疲れ様でした。

f:id:LITTLEWING:20180716172456j:plain

f:id:LITTLEWING:20180716172529j:plain

f:id:LITTLEWING:20180716172534j:plain

って、まさかの本人だけ語ってなかったオチw

ま、まあ、加藤の人となりがよくあらわれた内容でしたし

これはこれで・・・?w